お客様のスマイルのために

最高の店舗体験を生む
マクドナルドの「働きがい」とは?

従業員の満足度を測る上で大切な要素の一つである「働きがい」。最近は単にお金を稼ぐためではなく、自分の仕事に「やりがい」を感じられなければ満足感を得られない方も増えています。では、働きがいを感じられるようにするには企業はどうすればよいのでしょうか。All Aboutマーケティングガイドの安部徹也さんにお話を伺いました。

All About 専門ガイド

安部 徹也さん

安部 徹也さん

All About「マーケティング戦略を学ぶ」ガイド、MBA Solution代表、一般社団法人「日本MBA協会」代表理事。講演や書籍執筆、メディア出演など多方面で活躍。主宰する『ビジネスパーソン最強化プロジェクト』は2万5千人以上のビジネスパーソンが学ぶ。

「働きがい」が従業員の満足度にとってなぜ大切か

近年、政府が提唱する「働き方改革」の影響もあって、各々が自分の望む「働き方」を求める風潮が高まっています。その流れを汲んで経営側も変化を見せ、「働きがい」をいかに提供できるかを重視する企業が増えました。

「働きがいの定義は人それぞれですが、働きがいについて長年調査をしているGPTWによると、従業員からみた働きがいのある会社とは『従業員が経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感を持てる会社』と定義されています。実際に今は、企業がそうした姿勢を見せなければ、よい人材を集めることは難しいでしょう。よい人材が集まらないと、当然業績も伸びません。結果として『働きがい』を重視する企業が増えているのです」

給料や待遇ばかりでなく、「働きがい」を実現できる職場環境を整えることが大事であると安部徹也さん。

安部さん「もちろん、きちんとした報酬を得ることも大切です。ただ、給料は結果としてついてくるものと考え、それよりも仕事によって自分が成長できることに重きを置いている人が増えています。従業員が成長することによって企業も成長する。それが分かっているからこそ、企業としては従業員が成長できる場を提供することが必要なのです」

仲間と目標達成を目指すことで生まれる「働きがい」

従業員が自分の仕事に「働きがい」を感じることで成長し、それに比例して企業の業績もアップする。また、従業員それぞれが成長を実感していれば、従業員の満足度も高まります。従業員満足度調査で84%という高い結果が出ているマクドナルドを例に、どうすれば従業員に「働きがい」を感じてもらうことができるかを考えてみましょう。

安部さん「マクドナルドは以前から従業員に『働きがい』を感じてもらう環境づくりに力を入れていた印象があります。そのひとつが、たとえアルバイトでも経験を積めば店舗のマネージャーを任せられるまでステップアップできるシステムです」

自分の成長とともに任せられる仕事が大きくなる。その可能性があるだけで、従業員は高い目標を持って仕事に臨めるようになるでしょう。また安部さんは、マクドナルドのチームワークのよさも「働きがい」を感じさせる大きな要因と言います。

安部さん「マクドナルドでは『POWER of ONE』というキャッチフレーズのもと、ひとつの店舗で一丸となって目標を達成しようとする意識が浸透しています。店舗のスタッフがひとつになり、共通の目標を実現するために働く。そこで生まれる仲間意識や、チームを構成するのに必要な一員であるという自覚が、『働きがい』へとつながるのです」

お客様の笑顔が「働きがい」の源

店舗スタッフに仲間意識を持たせ、みんなで一丸となって目標を達成する。マクドナルドにとって、その目標とは「お客様に最高のサービスを提供する」ですが、それを実現させるシステムもしっかりと整備されています。その一つが、マクドナルドのアンケートアプリ「McDonald’s KODO」です。

安部さん「お客様に喜んでもらうために大切なのは、真摯にお客様の声を受け止めること。アンケートアプリで届いた声をしっかりと聞き、即座に改善案を実行する。そのスピード感が次に来店したお客様の笑顔につながり、その笑顔が従業員の『働きがい』になるのです」

どんな仕事であれ、お客様に感謝されたときに喜びを感じる人はきっと多いでしょう。そして、その喜びが日々の仕事の中に「働きがい」をつくりだします。マクドナルドは、お客様の声を常に集めることで、お客様だけでなく従業員の笑顔も生み出しているのです。

また安部さんによると、マクドナルドは従業員の募集の仕方についても特徴があるとのこと。なんでもアルバイトの約半数が友人の紹介で入っているというのです。

安部さん「自分が『働きがい』を感じていなければ、大切な家族や友人を同じ職場に紹介できないですよね。マクドナルドでは、働いている人の多くが『成長を感じられる場所』と考えていて、『働きがい』のある職場だから、同じチームに友人を誘いたいと思うのでしょう。そうして集まった一人一人が共通の目標である『お客様の笑顔』のために働き、仲間とともに目標を達成する。だからこそ、従業員の満足度が84%という高い結果になるのです」

「お客様のスマイルのために」TOPへ