フランチャイズオーナーTOPフランチャイズオーナーになるには

フランチャイズオーナーになるには

成功への熱い思いで、ともにさらなる成長を。

独立・開業をする方は、まず独立に対する強い想いを持っていることが重要です。
そして、「どこで、何を、どうするのか」と、取捨選択をします。
最後に、その仕事で必ず成功するという情熱が必要になります。
マクドナルドでは、そのブランドとシステムを信じ、ビジネスの成長を第一に考える経営者マインドを持った方を、新しいフランチャイズオーナーとして募集します。

成功への熱い思いで、ともにさらなる成長を。

求めるフランチャイズオーナー像

起業家精神とビジネスを成功させようとする強い意志
成功のためには、その組織のリーダーが誰よりも、成功に対する強い意思と徹底性を持たなければなりません。マクドナルドのフランチャイジーでもオーナー自身の強い思いと手腕によって、その成果に大きな違いが出ます。
ピープルスキル(リーダーシップ、人材育成)とセールスビルディングに重点を置いたビジネスでの成功体験
マクドナルドは、「ピープルビジネス」です。人の成長が会社の成長につながると信じており、確立されたトレーニングシステムがあります。人を成長させ、いかにセールスに結びつけるかが、フランチャイズオーナーの使命でもあります。
マクドナルド・フランチャイジーとして“フルタイム・ベストエフォート”をいとわない強い意欲
マクドナルドのフランチャイズオーナーは、マクドナルドビジネスに専従していただきます。そして、“フルタイム・ベストエフォート”、つまり、すべてお客さまに最高の店舗体験を提供し、ご満足いただくことによる成功のために、最大限の努力を続けることが重要です。
9~12カ月、もしくはそれ以上の期間に渡るトレーニングプログラム参加への意欲
独立に向けては、店舗での経営を成功させるための知識やスキルを実際の店舗やハンバーガー大学(マクドナルド社内研修施設)で習得して頂きます。その期間は、およそ9~12ヶ月です。ここでの徹底したトレーニングは、フランチャイズビジネスを成功させるための鍵となります。

フランチャイズオーナー インタビュー

株式会社 フロム東海 山田 晴茂さん

フランチャイズ契約内容

フランチャイズ契約締結に当たって、開業する店舗資産等を購入いただきます。
取得の対象となる店舗の購入金額は、店舗の価値によって異なり、その店舗価値を決定する主な要因には、
その店舗の収益や必要となる再投資額などがあります。また新規店舗と既存店舗でも、初期費用は異なります。
そのほか、開業に必要なコストとしては下記の通りです。
フランチャイズオーナーには、店舗のロケーションとともに購入に必要な金額が提示されます。

フランチャイズ期間
10年
フィー
ロイヤリティ:3%(店舗の合計売上に基づく割合)
レント・ロイヤリティ:店舗の合計売上に基づく一定割合。
または、固定ベースレント金額
広告宣伝費:4.5%
初期費用
加盟金:250万円
店舗取得額:取得していただく店舗により開業資金が変動します。
店舗取得額の最低25%以上の自己資金の保有が必要となります。

※店舗取得に関する詳しい情報は、説明会やインタビューにて、お伝えします。

店舗取得方法

新規フランチャイジーは、自ら新規店舗を開店するか、フランチャイジー
または日本マクドナルド直営店から既存店舗を取得・購入します。

融資制度

マクドナルドと良好な関係を持つ金融機関から融資を受けることができます。
一般的には、優遇された貸出金利の融資を受けられる利点があります。

Page Top