2020.02.12

「おもちゃリサイクル2019」で回収したおもちゃは約340万個
「おもちゃリサイクル2020」実施決定!
全国のマクドナルド店舗で遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを回収
回収したおもちゃから作られたリサイクルnanoblock(R)が活用された高輪ゲートウェイ駅のジオラマ
2月17日(月)よりJR品川駅で展示スタート

 日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを全国の店舗にて回収しリサイクルするおもちゃリサイクルプロジェクトを、2020年も継続し子供達の長期休みに合わせて計3回実施することを決定しました。第1回目の回収期間は、3月13日(金)から5月14日(木)までとなります。

<おもちゃリサイクル2020 回収期間>回収期間は変更になる可能性があります

第一回:春休み 第二回:夏休み 第三回:冬休み
3月13日(金)~
5月14日(木)
7月10日(金)~
9月10日(木)
12月4日(金)~
2021年1月21日(木)

 本プロジェクトは、年間約1億食のハッピーセットを販売しているマクドナルドが持続可能な社会の実現に貢献する“Scale for Good”の活動として2018年より実施しており、プラスチックのおもちゃを対象にしたリサイクルの取り組みとしては国内最大規模です。子供達が遊ばなくなったおもちゃのリサイクルを通して、ものを大切にする心や環境問題への意識を醸成する機会となることを目的としています。約127万個のおもちゃを回収した2018年度に続き、2年目となる2019年度は回収期間を拡大し、約340万個※1のおもちゃを回収しました。ご参加いただいたお客様には心より感謝申し上げます。このおもちゃは今後、リサイクルトレイ※2などに再生していく予定です。

 また、JR東日本スタートアップ株式会社が実施する「STARTUP_STATION」(開催期間:2020年2月17日(月)〜2月23日(日)、場所:JR東日本品川駅中央改札内イベントスペース)にて、回収したおもちゃからリサイクルされたnanoblock(R) ※3を活用して作られた「高輪ゲートウェイ駅」(JR山手線および京浜東北線の田町~品川駅間に設けられる新駅)のジオラマが展示されます。マクドナルドは、持続可能な社会の実現を目指し、回収したおもちゃのリサイクル樹脂の新たな活用を今後も検討してまいります。

ジオラマ 「高輪ゲートウェイ駅」塗装前

<ジオラマ*「高輪ゲートウェイ駅」塗装前>

【STARTUP_STATION】

開催期間 : 2020年2月17日(月)~23日(日)12:00-20:00(17日のみ14:00から)

場所 : JR東日本品川駅中央改札内イベントスペース

内容 : JR東日本グループのビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択されたベンチャー企業とのSDGs推進をテーマとする協業内容を実際に体験できるイベント。日本環境設計株式会社が提案した協業「駅からはじまる次世代リサイクル技術によるSDGsの実現」の具体的活動として、回収したおもちゃからリサイクルされたnanoblock(R)を活用して作られた新駅「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマを展示します。また、展示期間中は品川駅構内でおもちゃの回収も実施します。

※1回収したおもちゃの総重量をハッピーセットのおもちゃの平均重量で割り返した推測値(日本マクドナルド試算)
※2 リサイクルトレイは、おもちゃリサイクルプロジェクトで回収されたおもちゃからできたリサイクル樹脂を10%程度含みます
※3 「nanoblock(R)」は株式会社カワダが開発した、日本生まれの超ミニサイズのブロックです

「プラスチック・スマート」

おもちゃリサイクルは、環境省が運営する「プラスチック・スマート」キャンペーンおよび、日本環境設計が運営する「BRINGプロジェクト」の一環として実施しています。
*「プラスチック・スマート」キャンペーンは消費者を始め、自治体、NGO、企業などの幅広い主体が、一つの旗印の下に連携協力して取り組むことで、“プラスチックとの賢い付き合い方”を全国的に推進し、国内外に発信していく活動です。

Scale for Good –より良い未来のために みなさんとともに-

「Scale for Good」

世界100カ国以上で親しんでいただいているマクドナルド。日本でも約2900店舗で約15万人のクルーが働き、年間延べ約15億人のお客様にご来店いただいています。毎日多くのお客様をお迎えし、お食事をご提供している私たちマクドナルドには、大きな責任があります。
それは、世界が抱える社会的課題や環境問題に取り組むこと。この責任は、世界中で親しんでいただいている私たちの強みとスケール(規模)を活用すれば、必ず果たせると考えています。
日本マクドナルドは、「ファミリーへのコミットメント」「持続可能な食材の調達」「パッケージ&リサイクル」「ピープル・エンパワーメント」「気候変動への取り組み」を優先する5つの柱として、持続可能な社会の実現に向けて取り組みます。
●日本マクドナルドのScale for Goodについて詳細はこちら
URL: http://www.mcdonalds.co.jp/company/scale_for_good/

© McDonald's