東京都公立学校教員10年経験者研修

参加者

1999年より継続的に実施。小・中・高・特の学校の先生方にハンバーガー大学のプログラムを体験していただいております。

1999年    25名

2000年    24名

2001年    18名

2002年    81名

2003年    42名

2004年    42名

2005年    45名

2006年    16名

2007年    36名

2008年    38名

2009年    22名

2010年    17名

2011年    震災の影響により中止

2012年    10名

2013年    16名

2014年    16名

サポート活動内容

この活動は教育公務員特例法に基づき東京都が実施する研修の一つで、教員として10年間勤めてきた先生方が公務員としての資質向上を図るために、一般企業で研修を受けたり、各種施設でボランティア活動を体験したりするものです。東京都は、子供たちを健全に育て導くためには先生方の研修が重要であると考え、特にこの10年経験者研修では、年間を通じてさまざまなプログラムを実施しています。マクドナルドの社内研修機関であるハンバーガー大学は1999年からこの研修に協力し、これまで延べ400名以上の先生方の研修を受け入れてきました。

授業の内容は『リーダーシップ』『チームビルディング』『コミュニケーション』『コーチング』といった実際に弊社社員に行っているプログラムです。

参加された職員の方々の声

  • "学び"は楽しいと実感しました。この感覚を生徒にも伝えたい。楽しく学ぶことをサポートするのが教師だと思いました。
  • 生徒に何か問いかけたら、本人が答えを見つけるまで待つというハンバーガー大学の授業方針は、学校でも活用できます。忙しくて時間がなくても「待つ」ことも大事だと思いました
  • アクティビティができないと本当に悔しい。子供たちもこんな気持ちでいることがあるんだろうなと思いました。
  • ハンバーガー大学のアクティビティは一つ一つが良く考えられており、ハッとさせられる部分が多くありました。研修を通して、自分の学校に戻って頑張ろうという気持ちが湧いてきます。講師の皆さん、そして一緒に学んだ皆さん、ありがとうございました。
  • ゲーム形式のアクティビティは失敗しても落ち込むことなく、すんなりと学ぶことができます。これが楽しく学べる要因なのでしょうね。マクドナルドの皆さんは誇りを持って仕事に当たっていますね。私も教師という仕事に誇りを持って頑張ります。