メニュー情報
アレルギー物質の表示方法について

アレルギー物質から商品を調べることができます。

アレルギー物質の表示方法について

マクドナルドが表示しているアレルギー物質は、すべての原材料を精査した結果によるものです。 アレルギー物質の量の多少に関わらず、すべて表示しています。 なお、他のアレルギ-物質を含む原材料と共通の設備で製造・調理しているものもあります。 アレルギー物質に対する感受性は、個々人によって大きな差があります。 このデータを参考に最終的な判断は専門医に相談されることをおすすめします。

マークの見方:特定原材料(アレルギー物質)について

原材料(揚げ油を除く)として使用しています 調理用揚げ油の原材料として使用しています
調理で揚げ油を共有しています 店舗での調理過程で接触があります
工場で製造ラインを共有しています × 原材料として使用していません

表示している「アレルギー物質」の項目は、食品衛生法にて表示が義務付けられている7品目と、アレルギーを引き起こす可能性のある食品で、それらが原材料に含まれている場合に表示が推奨されている20品目について表示しております。(2014年8月1日現在)

法令で規定する特定原材料7品目

「卵」、「乳」、「小麦」、「えび」、「かに」、「そば」、「落花生(ピーナッツ)」

表示を推奨する特定原材料20品目

「あわび」、「いか」、「いくら」、「オレンジ」、「カシューナッツ」、「キウイフルーツ」、「牛肉」、「くるみ」、「ごま」、「さけ」、「さば」、「大豆」、「鶏肉」、「バナナ」、「豚肉」、「まつたけ」、「もも」、「やまいも」、「りんご」、「ゼラチン」


  • 常に最新情報を掲載するようにしております。各データは随時更新されますので、最終更新日をご確認ください。
  • こちらの情報に関しては、「お問い合わせ」ページよりお問い合わせください。
アレルギー検索へ
アレルギー・栄養情報
アレルギー・栄養データ一覧
アレルギー検索
栄養バランスチェック
栄養・アレルギー情報のQRコード
商品を包んでいるパッケージのQRコードから、各商品の栄養・アレルギー情報などの情報が携帯電話などの端末でも調べることができます。
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
ページの先頭