栄養バランスチェック

計算結果

1日の食事摂取基準値(目安)に対する充足率(%)

エネルギー
からだを動かすために必要な要素。性別、年代、活動量によって必要量は異なります。エネルギー摂取量と消費量が等しければ体重の変化はありません。食べ過ぎたら次の食事で調整するなど、適量摂取を心がけましょう。
たんぱく質
血液や筋肉、骨などからだを作り、エネルギーにもなる栄養素。成長期は1日4~5皿が目安。中高年期はとり過ぎに注意し、老年期は必要量をとれるように心がけましょう。
脂質
効率のよいエネルギー源で、全世代に必要ですが、とり過ぎてしまいがち。1食に油脂を使った料理が重ならない、1日に2食以上揚げ物を食べない、など適量摂取を心がけましょう。
炭水化物
糖質と食物繊維で構成され、糖質はからだを動かし、脳や神経系を働かせるエネルギー源。ジュースに含まれる砂糖などから、知らぬ間にとり過ぎていることもあります。適量摂取を心がけましょう。
カルシウム
骨や歯を作るために必要な栄養素で、神経の興奮を鎮める、筋肉の収縮をスムーズにする働きも。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。必要量がとれるよう心がけましょう。
からだの各器官に酸素を運び、からだ全体の機能を高める栄養素。血液細胞の材料。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。必要量がとれるよう心がけましょう。
ビタミンA
目や消化器官などの粘膜の形成や、正常な働きを促す栄養素。風邪ウイルスへの免疫機能を高める働きも。ふだんの食事でとり過ぎても健康への悪影響はほとんどないとされています。妊娠初期は胎児への影響が高まるため、注意しましょう。
ビタミンB1
糖質(炭水化物)をエネルギーに変える働きを持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎても体外に排出されてしまうため、とくに心配ありません。毎日こまめにとりしましょう。
ビタミンB2
脂質をエネルギーに変える働きを持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎても体外に排出されてしまうため、とくに心配ありません。
ビタミンC
血管や皮膚、粘膜、骨を丈夫にする働きを持つ栄養素。とり過ぎた場合は体外に排出されてしまうため、心配ありません。ストレスがあると消費しやすいので、毎日の食事での摂取を心がけましょう。
食物繊維
整腸作用を持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。便秘気味の人や生活習慣病の人は積極的にとりましょう。
食物繊維
3~5歳に関しては、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に準じ、該当する指標値がありませんので表示していません。
食塩相当量
一般的にとり過ぎの傾向にあるため、意識して減らすようにしましょう。カリウムを多く含む野菜や果物と水分をとることで体外への排出促進が期待できます。

スワイプでスクロールできます

    最終更新日2017/08/00

    管理栄養士からのアドバイス

    栄養素ごとに心がけたいポイント
    • エネルギー
      <span>からだを動かすために必要</span>な要素。性別、年代、活動量によって必要量は異なります。エネルギー摂取量と消費量が等しければ体重の変化はありません。食べ過ぎたら次の食事で調整するなど、<span>適量摂取</span>を心がけましょう。
    • たんぱく質
      <span>血液や筋肉、骨などからだを作り、エネルギーにもなる</span>栄養素。<span>成長期</span>は1日4~5皿が目安。<span>中高年期</span>はとり過ぎに注意し、<span>老年期</span>は必要量をとれるように心がけましょう。
    • 脂質
      <span>効率のよいエネルギー源で、全世代に必要ですが、とり過ぎてしまいがち。</span>1食に油脂を使った料理が重ならない、1日に2食以上揚げ物を食べない、など<span>適量摂取</span>を心がけましょう。
    • 炭水化物
      糖質と食物繊維で構成され、糖質は<span>からだを動かし、脳や神経系を働かせるエネルギー源。ジュースに含まれる砂糖などから、知らぬ間にとり過ぎていることもあります。</span>適量摂取を心がけましょう。
    • カルシウム
      <span>骨や歯を作る</span>ために必要な栄養素で、<span>神経の興奮を鎮める、筋肉の収縮をスムーズにする</span>働きも。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。必要量がとれるよう心がけましょう。
    • <span>からだの各器官に酸素を運び、からだ全体の機能を高める</span>栄養素。<span>血液細胞の材料</span>。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。必要量がとれるよう心がけましょう。
    • ビタミンA
      <span>目や消化器官などの粘膜の形成</span>や、<span>正常な働きを促す</span>栄養素。風邪ウイルスへの<span>免疫機能を高める</span>働きも。ふだんの食事でとり過ぎても健康への悪影響はほとんどないとされています。妊娠初期は胎児への影響が高まるため、注意しましょう。
    • ビタミンB1
      <span>糖質(炭水化物)をエネルギーに変える</span>働きを持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎても体外に排出されてしまうため、とくに心配ありません。<span>毎日こまめに</span>とりしましょう。
    • ビタミンB2
      <span>脂質をエネルギーに変える</span>働きを持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎても体外に排出されてしまうため、とくに心配ありません。
    • ビタミンC
      <span>血管や皮膚、粘膜、骨を丈夫にする</span>働きを持つ栄養素。とり過ぎた場合は体外に排出されてしまうため、心配ありません。<span>ストレスがあると消費しやすい</span>ので、毎日の食事での摂取を心がけましょう。
    • 食物繊維
      <span>整腸作用</span>を持つ栄養素。ふだんの食事でとり過ぎる心配はほとんどありません。<span>便秘気味の人や生活習慣病の人</span>は積極的にとりましょう。
    • 食物繊維
      3~5歳に関しては、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に準じ、該当する指標値がありませんので表示していません。
    • 食塩相当量
      <span>一般的にとり過ぎの傾向</span>にあるため、<span>意識して減らす</span>ようにしましょう。カリウムを多く含む野菜や果物と水分をとることで体外への排出促進が期待できます。

    選択した商品

    • グラン クラブハウス
    • グラン クラブハウス
    • グラン クラブハウス
    • グラン クラブハウス
    • グラン クラブハウス
    • 変更する

    基本情報

    • 性別女性 【 妊婦(初期:16週未満) 】
    • 年齢18 - 29歳
    • 身体活動レベルレベルII(ふつう)
    • 変更する