日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
クルー専用中途採用はこちら エントリー マイページ

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード ピープルビジネス 期待することは一つ。
未来を拓いていくこと。キーワード ピープルビジネス 期待することは一つ。
未来を拓いていくこと。

フィールドオペレーション本部 直営担当 執行役員 鳥潟 美夏子フィールドオペレーション本部 直営担当 執行役員 鳥潟 美夏子

Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。
A.広い視野で、社会の流れを…

A.広い視野で、社会の流れを見極めながら、会社を牽引する役割を担っています。

日本マクドナルドが運営する約1,100の直営店舗を率いるのが、私の仕事です。組織としては、全国の各エリアを担当する営業リーダーと店長が1,000名近く、そこに、全国で活躍するクルー※1の皆さんを加えると、約6万人という規模になります。直営店舗は、各エリアのフランチャイズ店舗のロールモデルでもあるという意識の下、全社的な課題解決と成果に向けた戦略を立て、各エリアを統括する営業リーダーの皆さんに伝えることが私の主な役割です。一つの結果に固執せず、社会の流れを見極めながら、より俯瞰的な広い視野で会社をリードすることは決して容易なことではありませんが、ダイナミックなビジネスの展開に携わることに、大きなやりがいを感じています。

※1:クルーマクドナルド店舗で働くアルバイトスタッフの総称。

Q.どんなときにマクドナルドで働く魅力を感じましたか?
A.かつての部下たちの成長を…

A.かつての部下たちの成長を目の当たりにしたときです。

2年前、日本マクドナルド直営担当執行役員に就任した際、以前部下だった仲間達が公募で自分の元に集まってくれました。公募ですから、これまでの実績が評価され、社内の選考プロセスを経なければ合格できません。誰もが認める人材に成長していたという事実はとてもうれしいことでした。仲間の成長が自分の喜びになるという、ピープルビジネスの先にある醍醐味を感じることができました。また、自分の戦略に基づいた部下達の主体的な行動が会社の成果につながっていく、その様子が私自身の刺激やモチベーションとなり、ともに成長し続けられる関係が築けています。

Q.これから入社する若い皆さんに期待することはどのようなことですか?
A.積極的に挑戦を続け、未来…

A.積極的に挑戦を続け、未来を切り拓いてほしいと思います。

一言で言うと、これまでのマクドナルドを超えていただきたい。日々の仕事の中で、成果を出すための答えを自分で見つけ、やるべきことを明確にする。周りの信頼を得て、仲間がやる気を持って働ける環境をつくる。こうしたビジネスパーソンとしての土台を、まずはしっかりと築く。その上で、若い皆さんには、私たちが培ってきたノウハウを吸収するとともに、情熱と論理的思考を持って、これまでにないアイデアや実行力を発揮していただきたいと思います。マクドナルドには、仲間の挑戦をサポートする文化があります。先輩や仲間に支えられながら、未来を切り拓いてほしいですね。

ProfileProfile

フィールドオペレーション本部
直営担当 執行役員
(2016年1月現在)
鳥潟 美夏子

1963年生まれ。北海道出身。日本大学文理学部にて心理学科を専攻。大学入学と同時にクルーとなり、1987年に入社。店舗や営業部門、管理部門におけるさまざまな職務経験を経て、2010年に女性初の執行役員となる。店長を務めていた際には、出産、育児休暇の取得を経験。趣味はゴルフで、最近では家族でコースを回ることも多い。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

ピープルビジネス 企業の成長を支えるのは「人」そのもの。ピープルビジネス 企業の成長を支えるのは「人」そのもの。

マクドナルドは「人が企業の成長をつくり、企業を支えるのは人そのものである」であると考え、社員一人ひとりのあらゆる成長とキャリアの可能性を全力でサポートしています。具体的な取り組みとして、多様な人材が働きやすい職場の実現や、実務を通じた成長を促進する仕組み、キャリアを広げるチャンス、成長ステップに応じた研修プログラムなど世界共通の仕組みが展開されています。社員一人ひとりの主体的な挑戦を促し、「グローバルで活躍できる人材を育てるエクセレントカンパニー」を目指します。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧

クルー専用中途採用はこちら

エントリーする

 マイページ 

新商品やお得な情報をご紹介