日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
クルー専用中途採用はこちら エントリー マイページ

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード 地区本部制度 今まで以上に、地域に寄り添ったマクドナルドをつくっていく。キーワード 地区本部制度 今まで以上に、地域に寄り添ったマクドナルドをつくっていく。

東日本 営業推進部 部長 江夏 利哉東日本 営業推進部 部長 江夏 利哉

Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。
A.店舗の皆さんとともに、エリ

A.店舗の皆さんとともに、エリアの売上と利益を最大化させていくこと。

今まで以上にその土地のお客様のニーズに合わせたサービスを提供できるように、2015年5月から全国を東日本・西日本・中日本の3つのエリアに分け、それぞれに地区本部が設置されました。私の仕事は東日本地区本部長の補佐役として、エリア全体の売上と利益を最大化させること。そのために、2つのチーム──地域のオーナー・オペレーター※1の皆さんとともにお客様に寄り添った施策を考える「マーケット開発チーム」と、各店舗のQSC※2向上のため問題解決に取り組む「オペレーションサポートチーム」のリーダーを務めています。日々お客様に接する店舗の皆さんとのコミュニケーションから現場の改善点を見出し、それを営業戦略に落とし込んでビジネスの成長につなげていくことに大きなやりがいを感じますね

※1:オーナー・オペレーターマクドナルドのフランチャイジー店舗経営者。マクドナルドビジネスの成長を地域で担う存在。

※2:QSCQuality(品質)、Service(サービス)、Cleanliness(清潔さ)の略。これを徹底し、さらにValue(価値)が加わることで、お客様に最高の店舗体験を提供することが可能になる。

Q.これまでのキャリアはどのように役立っていますか?
A.現場と向き合い、携して問…

A.現場と向き合い、携して問題解決にあたるスキルと姿勢を身につけられました。

2010年に本社に異動し、70のフランチャイズ法人※3とともに、担当エリアの業績向上を目指す職務に就きました。この時、さまざまなオーナー・オペレーターの方と本音で語り合う機会を得られたんです。従業員を自分の家族のように育てていくこと、QSCにこだわること、地域のお客様の声に耳を傾け、応えること──いずれも基本的なことですが、そのすべてを継続的に徹底させるのは決して容易ではありません。日々妥協することなく、プライドを持って店舗経営を行うオーナー・オペレーターとともにそれぞれの問題解決に取り組んだ経験は私の財産。今の仕事でも現場との連携が非常に重要なため、この時学んだスキルと姿勢は大いに役立っています

※3:フランチャイズ法人マクドナルドから営業権を与えられて、対価としてロイヤリティを支払う契約を結んだ企業のこと。フランチャイジーとも言い、マクドナルド全店舗の6〜7割を占める。

Q.今後の目標やキャリアビジョンを教えてください。
A.よりお客様に近い、「新し…

A.よりお客様に近い、「新しいマクドナルド」をつくりたい。

お客様と直接触れ合う現場の声を地区本部がしっかりキャッチし、よりニーズに沿ったサービス実現に動く──地区本部制が導入されて約半年が経ち、こうした良いサイクルが日を追うごとに強固なものになってきているのを感じています。この流れをさらに加速させることでお客様により良い店舗体験を提供し、ブランドの価値をより高めていくこと、そして、それをきちんと売上と利益に反映させていくことに全力を尽くしたいですね。小回りが利くスピーディーな本部として現場と歩調を合わせ、今まで以上に地域のお客様の期待に応えられる「新たなマクドナルド」を創出できればと思っています。

ProfileProfile

東日本 営業推進部
部長
江夏 利哉

1974年生まれ。鹿児島県出身。長崎大学工学部卒業。1997年、新卒で日本マクドナルドに入社。九州・沖縄地区を中心にアシスタント、店長、オペレーション・コンサルタント(OC)として勤務した後、2010年、本社に異動。店舗のオペレーションをサポートする現オペレーション&テクノロジー本部の部長などを経て、2015年5月より現職。休日は学生時代からの趣味・登山を楽しんだり、3人の子供たちと過ごす時間に当てている。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

地区本部制度 今まで以上に、地域に寄り添ったマクドナルドをつくっていく。地区本部制度 今まで以上に、地域に寄り添ったマクドナルドをつくっていく。

「お客様により近い位置での経営の実現」を目的に、2015年5月から導入された新体制です。全国を東日本地区・中日本地区・西日本地区の3つのエリアに分け、各地域ごとに執行役員のいる地区本部を設置。マーケティングや人事、財務といった機能を各地区本部に持たせて組織の階層を減らしたことにより、今まで以上に地域の店舗の状況やニーズに合わせたサービスを提供できるようになりました。日本マクドナルドでは地域ごとの取り組みと全社の取り組みを両輪として、より良いサービスを提供できる体制づくりを進めています。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧

クルー専用中途採用はこちら

エントリーする

 マイページ 

新商品やお得な情報をご紹介