日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
クルー専用中途採用はこちら エントリー マイページ

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード オーナー・オペレーター 夢を大きく描き、勝負をかけていく。キーワード オーナー・オペレーター 夢を大きく描き、勝負をかけていく。

日本マクドナルド株式会社フランチャイジー 有限会社ドリカム 代表取締役 吉原 照行日本マクドナルド株式会社フランチャイジー 有限会社ドリカム 代表取締役 吉原 照行

Q.独立の理由を教えてください。
A.社長になることが夢でした…

A.社長になることが夢でした。

私が最初にマクドナルドと出会ったのは、小学3年生のときでした。親に連れられて訪れたマクドナルドでマックシェイクを飲んで、そのおいしさに感動しました。以来、私にとって、マクドナルドは、おいしいメニューとワクワクがある特別な場所となりました。入社を決めたのも、自分が体感したワクワク感を、たくさんの人に届けたいという思いがきっかけでした。
また、「独立して社長になる」ことは、入社当初からの自分の夢であり、その思いは、オペレーション・コンサルタント(OC)※1として、担当エリア内の20店舗あまりの運営に関わるうちに、より現実味を帯びてきました。そして、あるとき、趣味のサーフィンで通っていた房総半島で店舗経営の機会があることを知り、独立を決意しました。融資制度や研修プログラムなど、店舗経営のサポート体制が整っていましたから、大きな不安もなく経営者であるオーナー・オペレーターとしてのスタートを切ることができました。

※1:オペレーション・コンサルタント(OC)担当エリアの店舗に対してオペレーションに関するコンサルティングを行い、店長と連携しながらエリアの売上と利益を伸ばす。

Q.直営店舗の店長とオーナー・オペレーターの違いは何でしょうか?
A.自分の思いや考えを経営に…

A.自分の思いや考えを経営に強く反映できる点と、決めたことに全責任を負う点であると考えています。

マクドナルドのオーナー・オペレーター、つまり社長であれば、自分の思いをより強く反映した店舗づくりが可能です。ただ、そうした自由度の高さは、同時に、決断に伴う全責任を負うということを意味します。そこが、直営店舗の店長※2と、社長との大きな違いだと思います。もちろん、店舗経営においては、品質やサービスに対する理念、そして、人材育成を重んじる姿勢など、マクドナルド社員時代の学びが基盤となっていますが、自分の思いを店舗に浸透させて、売上と利益向上を目指すところは、まさに、社長ならではの醍醐味です。
そして、社長として強く感じるのが、社員やクルー※3は「家族」同然の大切な存在だということです。従業員のキャリアプランを整えるとともに、臨時ボーナスや社員旅行を取り入れて給与・福利厚生を充実させるなど、彼らがより楽しく働けるような環境をつくることも、社長としての務めだと考えています。また、ビジネスの持続的成長においては、店舗近隣の地域の皆さんとの関係構築も大切に考えています。戦略や情報を共有し、ともに成長できるマクドナルドというビジネスパートナーがいることを、心強く感じています。

※2:店長マクドナルドにおける、店舗の経営者。最高の店舗体験を提供し、マクドナルドのブランド価値を高めるべく、店舗を導くリーダーシップが求められる。

※3:クルーマクドナルド店舗で働くアルバイトスタッフの総称。

Q.今後の目標を教えてください。
A.南房総の地域活性化の取り…

A.南房総の地域活性化の取り組みに貢献することです。

フランチャイジーとしての私の役割は、マクドナルドの理念を守りながら、売上と利益を最大化することです。そのためには、地域で愛される企業になることが重要です。現在、プライベートで少年野球チームのコーチを務めつつ、企業としても、南房総地区の少年野球チームをサポートしています。今後、売上と利益を高めていって、こうした地域貢献活動やイベント協賛を、より積極的に行いたいと考えています。また、地固めをして店舗数を増やすなど、雇用創出にも取り組みたいと思います。そして、いつか「マクドナルド杯 サーフィン大会」を開催するのが夢です。

ProfileProfile

日本マクドナルド株式会社フランチャイジー
有限会社ドリカム 代表取締役
吉原 照行

1962年生まれ。大阪府出身。桜美林大学経済学部卒業。1984年入社。東京、山梨、愛知などで店長やオペレーション・コンサルタントとして活躍した後、41歳で独立。千葉県の南房総エリアで3店舗を経営する。自宅は鴨川で、日の出から出勤時間まで、趣味のサーフィンを楽しむのが日課。子供が所属する少年野球チームのコーチを務めており、休日はチームの指導にあたっている。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

オーナー・オペレーター マクドナルドビジネスの成長を地域で担う。オーナー・オペレーター マクドナルドビジネスの成長を地域で担う。

マクドナルドは、フランチャイズビジネスであり、店舗には、直営とフランチャイジーの2種類が存在し、全店舗の6~7割がフランチャイジーになります。フランチャイズとは、フランチャイザーが一定の条件でフランチャイジーに営業権を与え、対価としてロイヤリティを受け取る契約形態のことであり、フランチャイジーを経営する方をオーナー・オペレーターと言います。オーナー・オペレーターになるには、「最善を尽くす情熱」と「人間としての成熟」、そしてそれまでの実績が求められ、厳しい審査に合格する必要がありますが、マクドナルドビジネスの中でキャリア開発をしてリーダーシップや経営者としての手腕を身に付け、独立し活躍している社員が多く存在します。マクドナルドファミリーの一員として、戦略はもちろんシステムやトレーニングプログラムなどを共有し、地域に根ざした店舗経営を展開し、ともにビジネスの成長を導くことがオーナー・オペレターの役割です。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧

クルー専用中途採用はこちら

エントリーする

 マイページ 

新商品やお得な情報をご紹介