のぞいてみよう!クルーワーク お店に合わせて、進化しているクルーワーク。今のキッチンやカウンターって、どうなってるの?

バンズの焼成

ピーク時のバンマンは、キッチンの花形ポジジョンだったなぁ……なんて、思い出した人もいるのでは。昔は「バンスパチュラ」に最大12個のバンズを並べて、50秒焼成していましたね。今は15秒ほどで焼成が完了します。バンズを並べたり、焼成後のクラウンやヒールを整える手間が無くなり、誰でもスピーディーに焼成できるようになりました。

バンズの焼成
ページの先頭へ

バンズのスチーム

バンズのスチーム

昔は、90秒かかっていたバンズのスチーム。「6フィレ・プルドロップ」のとき、6個のバンズを取るのが熱くてたいへんだったことを思い出します。今のスチーマーは、たった8秒で2個ずつスチームできるので、オペレーションが簡単です。

ページの先頭へ

プレップテーブル

バーガー類をアッセンブル(ドレス)する、長いテーブルのこと。昔はドレスパーソンが「コーラー、チーズオン12プリーズ」なんて掛け声をかけていました。なつかしいですね。今は、両サイドにクルーを配置し、アッセンブルを分担。モニターの情報に従って、チームワークでハンバーガーを製造します。

プレップテーブル
ページの先頭へ

クラムシェルグリル

クラムシェルグリル

ビーフパティを両面同時に焼成するグリルのこと。昔は、ビーフパティを片面づつ焼成するため、スパチュラでターンする技が必要でした。「12バーガー・プルレイ」でパティを焼成していた頃が懐かしいです。

ページの先頭へ

MFY (メイド・フォー・ユー)

今の厨房では、つくり置きは一切なし。ご注文をいただいてからハンバーガーをつくり、できたてをお渡しする「メイド・フォー・ユー」を導入しています。お客さまをお待たせしないよう、厨房の調理体制などを一新し、1オーダー約50秒でハンバーガーをつくれるようにしました。食材の廃棄ロスとCO2の削減にも効果的な、エコ時代にマッチしたシステムになっています。

MFY (メイド・フォー・ユー)
ページの先頭へ

ポテトのソルトディスペンサー

ポテトのソルトディスペンサー

ピーク時間帯のポテトパーソンは、高いスキルが必要なポジション。中でも、適量の塩をふるのは、プロの技でした。今は、1回ふるだけで適量の塩が出るアキューソルトディスペンサーを導入。誰でも、均一でおいしい塩加減ができるようになりました。

ページの先頭へ

フローズンフライディスペンサー(一部店舗に導入)

今は、バスケッティングもオートマチック。この機器に凍ったポテトを投入すると、必要量のポテトをバスケットに入れてくれます。ピーク時間帯に、バスケッティングをサポートするクルーをつけることもなくなりました。

フローズンフライディスペンサー (一部店舗に導入)
ページの先頭へ

リクルートセンター
電話番号

お電話の方はこちらから!(9:00~20:00)

受付時間:9:00~20:00

0570-55-0314