日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
フランチャイズ社員採用情報

※これより先は外部サイトへ移動します。

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード ワークライフバランス どこにいても、どんなポジションでも、自分ならではの働き方をワークライフバランス どこにいても、どんなポジションでも、自分ならではの働き方を

直営店舗 2ND アシスタントマネージャー 小長谷 美紀直営店舗 2ND アシスタントマネージャー 小長谷 美紀

Q.マクドナルドに入社して感じたことは何ですか?
A.どんなポジションでもダ…

A.どんなポジションでもダイバーシティ&インクルージョンのもと仕事ができると感じています。

大学で海外のダイバーシティ&インクルージョン(性別や国籍の違い、障がいの有無を超えて多様な人材を積極的に受け入れること)を学んでいたこともあり、就職活動中も「国際性のある仕事」や「多様性のある職場」が企業選びの軸でした。その軸にマッチングしていたことが、マクドナルドに入社を決めた一番の理由でした。私の面談担当の方は全員が女性リーダーとして活躍していましたし、入社後、多くの女性社員や海外出身者の社員が、垣根のないチームワークでビジネスの成長に向けてチャレンジしている姿を知ることができました。現在、国際色豊かな店舗に配属されていますが、さまざまなバックグラウンドを持ったクルー※1とお互いの考え方の違いなどに触れながら、どのようにチームとして一丸となるか試行錯誤しています。この会社なら、どんなポジションでもダイバーシティ&インクルージョンのもと仕事ができる。──そう確信しています。

※1:クルーマクドナルド店舗で働くアルバイトスタッフの総称。

Q.マクドナルドで働く魅力は何ですか?
A.「ピープルビジネス」という…

A.「ピープルビジネス」という企業文化の下で日々成長できることです。

入社して1年、働きながら日々成長を実感できることが大きな魅力だと感じています。マクドナルドには一貫して体系化された教育システムがありますし、個人の目標と実際の行動を照らし合わせて、上司である店長※2やオペレーション・コンサルタント(OC)※3からも的確なフィードバックがいただける。だからこそ自分自身の現在地が明確で、「今やるべきこと」に対して全力を注いで一つずつクリアすることができるんです。こういったシステムやコミュニケーションによって人の成長を後押ししてくれるのが、マクドナルドならではの文化──ピープルビジネスなのだと思います。自分もクルーへのトレーニングを実施する中で成長を後押しし、この文化を受け継いでいきたいです。

※2:店長マクドナルドにおける、店舗の経営者。最高の店舗体験を提供し、マクドナルドのブランド価値を高めるべく、店舗を導くリーダーシップが求められる。

※3:オペレーション・コンサルタント(OC)担当エリアの店舗に対してオペレーションに関するコンサルティングを行い、店長と連携しながらエリアの売上と利益を伸ばす。

Q.大切にしている働き方や今後の目標を教えてください。
A.ワークライフバランスを大…

A.ワークライフバランスを大切に、結果を出し続けたいと思っています。

働く上で大切にしているのは、ワークライフバランスです。入社したばかりなので、とにかく仕事に打ち込んで早く一人前になりたいと考えており、仕事とプライベートの比率は7:3程度が現在の私には最適だと思っています。とはいえ、プライベートの「質」ももっと充実させて仕事に活かせるようにしたい。例えば、休日には友人との食事や旅行などを楽しんでいるのですが、気心が知れた友人とじっくり会話すると自分の考えが整理でき、仕事のヒントが生まれることも多いんです。アシスタントマネージャー※4から店長、そして、より責任のあるポジションに立てたときも、あるいは、結婚や出産を経験して育児と仕事を両立するようになっても、その時々で自分ならではのワークライフバランスを大切にしつつ結果を出し続け、自分とマクドナルドの成長につなげたいと思っています。

※4:アシスタントマネージャー店長と連携し、店舗運営を行う。2NDアシスタントマネージャー、1STアシスタントマネージャーの順でタイトルアップする。

ProfileProfile

直営店舗
2ND アシスタントマネージャー
小長谷 美紀

1993年生まれ。千葉県出身。上智大学外国語学部卒業。就職活動中にマクドナルドの面接を受けた際に感じた「国際性」「多様性」に魅力を感じて2015年4月に入社。現在は2ND アシスタントマネージャーとして店長を目指している。オフの時間も充実しており、休日は大学時代の友人と出かけることが多い。2015年には、10連休を取得しサイパン旅行を満喫。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

ワークライフバランス ピープルビジネスの理念を一人ひとりに合わせて。ワークライフバランス ピープルビジネスの理念を一人ひとりに合わせて。

マクドナルドの創業者であるレイ・クロックは「人の血を抜きさることのない経営」、つまり人材を根幹においたビジネスの実現を目指しました。そうした考え方の下、マクドナルドでは社員一人ひとりに合ったワークライフバランスを実現できるよう、さまざまな働き方をサポートする制度の充実に取り組んでいます。近年は男性の利用も増えている「育児・介護休暇制度」をはじめ、育児・介護に伴う「短時間勤務制度」や、育児・介護休暇から復帰する社員に向けた「復職支援プログラム」などを推進。この他にも、野球部やテニス部など約40のクラブが登録されている「クラブ活動報奨制度」や「健康保険組合」など、よりよいワークライフを実現するための環境を整えています。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧
フランチャイズ社員採用情報

※これより先は外部サイトへ移動します。

新商品やお得な情報をご紹介