日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
フランチャイズ社員採用情報

※これより先は外部サイトへ移動します。

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード ワンチーム 「街の景色の一部」として、あり続ける店舗を。キーワード ワンチーム 「街の景色の一部」として、あり続ける店舗を。

直営店舗 店長 加藤 勇磨直営店舗 2ND アシスタントマネージャー 加藤 勇磨

Q.マクドナルドで働く魅力を教えてください。
A.人が人を育てる中で、自分とビ…

A.人が人を育てる中で、自分とビジネスを成長させられることです。

店舗を新規開店するときは、クルー※1の募集・採用から教育まで全てを行う必要があります。私自身、初めて新店の店長を任されたときも、アルバイト経験のないクルーもいる中、働くということや、お客様の重要性、「ワンチーム」として店舗を運営する大切さなどを一人ひとりに伝え、とにかく話し合い、トレーニングを繰り返しました。やがて私がトレーニングしていたクルーが、後輩のクルーを積極的にトレーニングするようになり、人が人を育てる連鎖の中で、チームとしての一体感が強まってきた頃、目標としていた売上を達成できるようになりました。着任後、一からつくりあげたチームで最初の目標を達成した時は、嬉しかったのと同時に、チームメンバー一人ひとり、自分自身、そしてビジネスの成長を実感しました。
就職などで店舗を卒業する時に「人として成長しました。ありがとうございます」「叱られたこともあったけど、その分成長できました」など、クルー自身が成長を実感し、そこに喜びを感じている事を聞くと、リーダーとして嬉しく、そして、クルーへの指導を通じて私自身ももっと成長したいと感じます。

※1:クルーマクドナルド店舗で働くアルバイトスタッフの総称。

Q.どんな時に仕事のやりがいを感じますか。
A.地域とのつながりを育み、…

A.地域とのつながりを育み、成果を出せたときです。

2年前に、現在勤めている四国の店舗に赴任したときのことです。新規開店間もないこともあり、「店舗が地域とのつながりを確立できていないこと」が改善点でした。お客様との交流を積極的に図るよう、クルーを育てる一方で、地域へのアプローチにも力を入れました。
市役所など行政の会議に参加し、「地域を活気づけるためにマクドナルドができること」を提案。幼稚園で「いのちを守る」をテーマにドナルドと学ぶ「ハロードナルド」や、地元の祭りで「食の安全に関するクイズ大会」などを実施してきました。子供たちを含めてさまざまな人との交流が増え、クルーたちも率先して課外活動に参加してくれるようになりました。他にも県内で開催されるスポーツ大会のスポンサーを務めるなど、着実に地域とのつながりを育んでいき、結果としてビジネスの成果にも繋がってきました。

Q.今後の目標をお聞かせください。
A.将来的にはフランチャイズ…

A.将来的にはフランチャイズ・オーナーになり、マクドナルドのビジネスをさらに拡大したいと思います。

現在勤めている店舗で、マクドナルドのビジネスには「地域に愛されること」が重要であると強く実感するようになり、自分自身どこまで成長できるのか、どんなふうに地域を盛り上げることができるのか、挑戦してみたい気持ちが高まってきました。自分の故郷で、この先ずっとその街の景色としてあり続ける店舗を、もっと増やしていくことができたら――将来的には、独立し、マクドナルドのフランチャイズ・オーナーとして、複数の店舗を経営し、地域活性化とマクドナルドビジネスの拡大に貢献したいと考えています。

ProfileProfile

直営店舗
店長
加藤 勇磨

1986年生まれ。広島県出身。ヒューマンウェルフェア広島専門学校卒業。5年間のクルー経験からマクドナルドのピープルビジネスに強く共感し、2008年入社。2010年10月に初めて店長を勤め、2013年には新規出店の店長になるなど、広島県の店舗を中心に店長を勤める。2014年から現在の店舗に赴任し、土地勘のない愛媛県でも地域との交流を深めるべく日々奮闘中。 休日は近辺店舗の店長を誘ってのうどん屋巡りや、スポーツ観戦、温泉巡りで四国の土地を満喫中。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

ワンチーム ハンバーガーに込められたマクドナルド全員のチーム力。ワンチーム ハンバーガーに込められたマクドナルド全員のチーム力。

マクドナルドは、店舗で商品をつくりお客様に提供するという非常に分かりやすいビジネスを行っています。一人一人のお客様にサービスを行うのは一人のクルーでも、それを支える大きな力があって、このサービスを達成することができています。マクドナルドにおいて、単独で成立する仕事はなく、たくさんのクルーの皆さんはもちろん、フランチャイズ・オーナーの方々、サプライヤーの方々、そして、オフィスやフィールドの社員――すべての人がそれぞれの役割を果たし連携することで、はじめて成し遂げられます。それが端的に表されているのは、商品をお客様にお届けする店舗です。店長からクルーまで店舗で働く老若男女全員が、チームの一員であることを自覚し、目標を共有して一丸となります。チームとしての連携の力で商品・接客のクォリティや提供スピードを上げ、お客様に「毎日に、しあわせなひとときを。」お届けしているのです。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧
フランチャイズ社員採用情報

※これより先は外部サイトへ移動します。

新商品やお得な情報をご紹介