日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
2019年度卒学生向け インターンシップ
エントリー

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード スタッフ公募制度 店舗を成長に導くコミュニケーションを目指して。キーワード スタッフ公募制度 店舗を成長に導くコミュニケーションを目指して。

オペレーション&テクノロジー本部 コミュニケーション&NABIT部 チーフ 小越美佳オペレーション&テクノロジー本部 コミュニケーション&NABIT部 チーフ 小越美佳

Q.現在の仕事内容を教えてください。
A.店舗に戦略を効果的に伝え、

A.店舗に戦略を効果的に伝え、ビジネスを成長に導くことです。

私の所属するNABIT部は、Nuts & Bolts Implementation Teamの略称。「ナットとボルト」のように「戦略」と「店舗の実行」を一致させる役割を担っています。マクドナルド全体に戦略や各種プログラムを展開する上で、店舗がそれらの活動を通じて最大のビジネス結果を実現できるよう、特にオペレーションの観点からサポートをしています。
私の仕事は、店舗で働く一人ひとりが戦略を理解し、施策を確実に実行できるよう、情報を最適な手法とタイミングで提供することです。ビジネスの状況に合わせて次々と情報を発信するなかで、店舗にスムーズなコミュニケーションが実施されることにより、店舗が期待されるアクションを起こせるサポートを行います。また、展開後のプログラムの進捗状況に関し、店舗に赴いて店長※1やクルー※2にヒアリングすることも重要な仕事です。幅広い世代のクルーにきちんと伝わるよう、情報の受け手の立場に立ち、発信のタイミングや伝達内容を吟味することで、よりよい成果へとつなげていきます。

※1:店長マクドナルドにおける、店舗の経営者。最高の店舗体験を提供し、マクドナルドのブランド価値を高めるべく、店舗を導くリーダーシップが求められる。

※2:クルーマクドナルド店舗で働くアルバイトスタッフの総称。

Q.マクドナルドで働く魅力を教えてください。
A.「チャレンジ」や「成長」を…

A.「チャレンジ」や「成長」をサポートする文化があるところです。

学生時代にクルーとして働き、店長や仲間など、人との関わりの中で自分の成長が加速されることを強く実感しました。就職活動の軸を「成長」とし、企業研究を進めるうちに、アルバイトで実感したことが「ピープルビジネス」というマクドナルド全体の姿勢であることを改めて知り、入社を決意しました。入社後、充実したセルフスタディの仕組みやツール、HUでの研修などでも多くを学びましたが、私の成長を大きく導いてくれたのは、店長による日々の仕事でのトレーニングやフォローアップでした。私自身、店長時代には、お客様に最高の店舗体験を提供するため、チームメンバーの人材育成やハイパフォーマンスを引き出すマネジメントに注力しました。また、NABIT部への応募を決意した時、上司が何度もミーティングを重ねてくれ、私が自分自身の強みやキャリアの方向性の理解を深めることに多くの時間を費やしてくれました。真剣に向き合ってくれる上司の協力があって、現在の私があると思います。働く場所や職位に関係なく、人の成長やチャレンジをサポートする文化が根付いているところがマクドナルドの魅力です。

Q.今後の目標を教えてください。
A.「伝える力」を高め、店舗

A.「伝える力」を高め、店舗での実行を高めることに貢献したいです。

当時、店長として参加したNABIT部のセッションで、「店舗スタッフの士気を高めるコミュニケーション」に触れ、今までとは異なる立場でビジネスに貢献したいという思いが高まり、スタッフ公募制度を利用してNABIT部へ応募、異動しました。今の目標は、店舗に、より的確で最適なコミュニケーションを実施することで店舗の安定した運営とビジネスの成果に貢献すること。そのためには、伝える力をより高めたいです。戦略や施策のコミュニケーションを次々と展開する中、今私が店長だったら――自身の店舗経験を活かして「情報の受け手」であり「実行者」である店舗側の視点を忘れずに、各部署との連携を強化しながら戦略のコミュニケーションを綿密に設計して、店舗に伝えていきたいと思います。

ProfileProfile

オペレーション&テクノロジー本部
コミュニケーション&NABIT部 チーフ
小越 美佳

1984年生まれ。神奈川県出身。日本大学生物資源学部卒業。学生時代に2年間クルーとして働いていた経験があり、「人を育てること」を重視していたマクドナルドの企業の姿勢に共感し、2006年に入社。2010年に店長昇格、2013年にスタッフ公募制度を利用して現職に。オフは主に読書やおいしいお酒とおつまみでリラックスしているが、長期休暇のときはバイクで旅行をしてリフレッシュすることも。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

スタッフ公募制度 誰にも開かれている、チャレンジの場。スタッフ公募制度 誰にも開かれている、チャレンジの場。

人の成長が企業の成長をつくるという考えの下、全国の店舗で働くクルーを含むすべての従業員に対してさまざまなキャリアの可能性の機会を提供し、その成長をサポートしています。社員に対し、キャリア開発の機会の一つとして提供している「スタッフ公募制度」は、公募している部署にエントリーできる制度で、その都度設定される応募条件を満たしていれば誰でもチャレンジすることができます。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧
  • インターンシップインターンシップインターンシップ


新商品やお得な情報をご紹介