日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社 採用情報

menu
2019年度卒学生向け インターンシップ
エントリー

私が語るマクドナルドビジネス私が語るマクドナルドビジネス

キーワード 店舗開発 挑戦し続けることで、キャリアの選択肢は広がっていく。キーワード 店舗開発 挑戦し続けることで、キャリアの選択肢は広がっていく。

店舗開発本部 設計建設ファシリティーマネジメント部 ストアサポートチーム 糸谷憲治店舗開発本部 設計建設ファシリティーマネジメント部 ストアサポートチーム 糸谷憲治利

Q.現在の仕事内容を教えてください。
A.店舗で働く皆さんが、お客…

A.店舗で働く皆さんが、お客様に集中し続けられる環境を整えることです。

私が所属する店舗開発本部のミッションは、一言で言うと「マクドナルドの成長に寄与できる店舗をつくる」こと。そのために、商圏内で最も売上・利益が見込める場所への新規出店や、お客様に「お気に入りの食事の場」と感じていただくための店舗リニューアルなどを展開しています。中でも、私はストアサポートチームの一員として、駐車場のひび割れや、ポールサインの転倒といった店舗単独では修繕が難しいさまざまなトラブルに対応しています。店舗で働く皆さんがトラブルに時間を割かれることなく、お客様に集中し続けられる環境を整えることで売上・利益の向上に寄与する、いわば黒子のような役割ですね。究極的には「トラブルを未然に防ぐ」ことでさらにスムーズな店舗運営につながりますから、それを実現することが今後の大きな課題です。

Q.どんなときにマクドナルドで働く魅力を感じますか?
A.マクドナルドというブランド…

A.マクドナルドというブランドに対する信頼や期待をいただけたときです。

日本中の多くの人が知っている「マクドナルド」というブランドの強さを実感できたときです。お客様にとって利便性の高い場所は当然他社も店舗を出店したいと考えていますが、競争を経てそういった場所にマクドナルドの店舗を出店できるのは、資金力だけでなく企業としての信頼や成長性にも期待いただけている証し。以前、新店舗の開発に携わっていたとき、新しく竣工した駅ビル内への出店を交渉した際に、ビル運営会社の方から「マクドナルドさんなら歓迎です」という言葉をいただいたことがありました。ストアサポートとして店舗の修繕をする会社とやり取りすることが多い現在も、マクドナルドブランドに対する信頼性の高さから仕事がスムーズに進むことが多いと感じます。その信頼に応えられるよう、企業の看板を背負う責任も日々感じながら仕事をしています。

Q.今後の目標やキャリアビジョンを教えてください。
A.マクドナルドビジネスを…

A.マクドナルドビジネスを俯瞰し、成長に関わるポジションに挑戦したいと考えています。

店長※1の仕事を続ける中で芽生えた「店舗づくりにゼロから関わってみたい」という想いからスタッフ公募制度を活用し、店舗開発本部に異動して6年。出店などに携わることで、単に「店舗」だけを見るのでなく、マクドナルドビジネス全体の「商圏」や「戦略」などを見ながら最適な施策を考えていく俯瞰的な視点が身につきました。今後はより高い視点に立ち、例えば、複数の店舗の店長と連携しながらエリア全体の売上・利益向上に取り組むオペレーション・コンサルタント(OC)※2や、フランチャイズオーナーと長期的な戦略を考えていくビジネス・コンサルタント(BC)※3などにも挑戦してみたいと考えています。キャリアの選択肢を広げられるよう、目の前の業務に全力で取り組むのはもちろん、より多くの知識を身につけていきたいと思います。

※1:店長マクドナルドにおける、店舗の経営者。最高の店舗体験を提供し、マクドナルドのブランド価値を高めるべく、店舗を導くリーダーシップが求められる。

※2:オペレーション・コンサルタント(OC)担当エリアの店舗に対してオペレーションに関するコンサルティングを行い、店長と連携しながらエリアの売上と利益を伸ばす。

※3:ビジネス・コンサルタント(BC)担当エリアのフランチャイズオーナーに対して、戦略的な方向性を共有し、中長期にわたる売上と利益の拡大を図る。

ProfileProfile

店舗開発本部 設計建設ファシリティーマネジメント部
ストアサポートチーム チーフ
糸谷 憲二

1977年生まれ。大阪府出身。大阪市立大学経済学部卒業。2001年4月に新卒入社。2006年に店長にタイトルアップ。2010年、スタッフ公募制度を活用して店舗開発部に異動。新店舗の開発を経験した後に、現在のポジションであるストアサポートチームのチーフに就任。休日には2歳の息子と遊んだり料理をつくったりと、良き父・良き夫として家庭を支えている。

マクドナルドを知るKeywordマクドナルドを知るKeyword

店舗開発 お客様にとって快適な場所を提供するために。店舗開発 お客様にとって快適な場所を提供するために

候補地の調査・交渉から、店舗の設計・建築など開店までの工程をマネジメントして店舗を出店する仕事です。出店の仕方によって集客や売上が大きく変わるため、レストランにおいて店舗開発はとても重要です。マクドナルドは地理情報システム(GIS)を構築して店舗開発を加速させました。当社が開発したシステムはその後、他の企業に向けても販売されるようになっています。お客様にとってマクドナルドが「お気に入りの食事の場とスタイル」であり続けるため、最適な場所に快適な空間を提供することを徹底していく姿勢を持ち続けています。

他の記事を読む

私が語るマクドナルドビジネス 一覧 マクドナルドを知るKeyword 一覧
  • インターンシップインターンシップインターンシップ


新商品やお得な情報をご紹介