食材の道のり

食材の道のり バンズ篇

今回の「食材の道のり」は、ハンバーガー用のパンである「バンズ」を生産している工場を訪ねました。お客様の質問や疑問に思っていることに対して、工場の方々に答えていただきました。おいしさへのこだわりや品質管理、安心への取り組みをご紹介します。

バンズ工場篇

見える、マクドナルド品質 私たちがお答えします。

イナベーカリー

製造本部長

小島五朗

イナベーカリー

品質管理部

若林宏明

※情報は2015年5月現在のものです。

まずは原材料の安全確認から。

異物混入を防ぐため、
小麦粉、水、イーストなどの原材料は、
ふるいまたはフィルターにかけられます。
この手法は、
世界的に行われている衛生管理の方法です。
安全が確認された原材料だけが、
バンズの生地になれるのです。

原材料の計量は、人の手で行います。

原材料の計量は、スタッフが責任をもって丁寧に行います。
湿度や気温に応じて分量を変えるなど、
機械には難しい細かな調整を人の手で行っているからこそ、
一日に大量に生産されるバンズを、
同じ品質に保つことができます。

バンズならではの食感を。

バンズはハンバーガーのおいしさを
さらに引き立たせるため、普通のパンよりも歯切れの
いい食感になっています。これは「麩切り」という
特別な製造工程を通ることで生まれます。
製法の段階からおいしさはつくられているのです。

焼き色や形もおいしさのヒミツです。

バンズを見た瞬間からおいしさを感じて欲しいため、
焼き色や形にもこだわりがあります。
焼き上がったバンズは人の目や機械で確認され、
基準を満たしていないものは取り除かれます。
見た目のチェックも、大事な品質管理なのです。

最後は食べて確認。

最後の最後に、出荷されるバンズをサンプリングし
「官能検査」を行います。
マクドナルドの店舗にあるものと同じトースターを使い、
バンズをトースト。
専門のスタッフが味、色、食感などを確認することで、
安心とおいしさを保証します。

すべては「おいしい」のために

より新鮮なバンズをお客様にお届けすることを、
私たちは常に考えています。
どれだけ早くバンズを店舗に届けられるのかを
考えることも、私たちの大切な仕事です。

見える、マクドナルド品質 トップへ