食材の道のり

食材の道のり チーズ篇

今回の「食材の道のり」は、マクドナルドのオリジナルチーズを生産しているチーズ工場を訪ねました。お客様の質問や疑問に思っていることに対して、工場の方々に答えていただきました。おいしさへのこだわりや品質管理、安心への取り組みをご紹介します。

チーズ工場篇

見える、マクドナルド品質 私たちがお答えします。

エムケーチーズ

工場長

今川朝士

エムケーチーズ

品質管理室長

後藤健

 

※情報は2015年4月現在のものです。

靴下の小さなホコリまで取り除きます。

食の安全への取り組みは、
工場に入る前からはじまっています。例えば、
スタッフの作業服は、靴下も含め、
粘着ローラーを使用して入念に除去。
その後、エアシャワーをあびてはじめて
工場に入ることが許されるのです。

原材料はX線を使ってチェック。

原材料のナチュラルチーズはニュージーランド、オーストラリア、
アメリカ、日本から工場へ。それらはX線を通った後、さらに金属検
知機を通過して異物が入っていないかチェックされます。こうし
て、チーズの安全をより確かなものにしていくのです。

おいしさのカギを握る、 チーズグレーダー。

マクドナルドのチーズは、
熟成度や風味がそれぞれ異なるナチュラルチーズを
ブレンドしてつくられています。
このブレンドの配分量を決めているのが
チーズグレーダー。ハンバーガーに合う、
ベストな味をつくる重要なスタッフです。

加熱殺菌で安定した味と風味に

ブレンドされたナチュラルチーズは、
加熱され液状になります。加熱することでチーズを
殺菌し、熟成の進行を抑えます。この工程が、
味と風味を一定に保ち、同じおいしさのチーズを大量に
生産することを可能にしています。

重ね方にも、ヒミツがあります。

液状になったチーズは、特殊なローラーによって
冷やされ、板状に成形。その後、均一にカットされ、
一枚一枚はがしやすくなるよう互い違いに
重ねられていきます。味だけではなく、
はがしやすさまで考え抜かれたチーズなのです。

とろけ具合も、大切な品質管理です。

最後に、完成したチーズをサンプリングし、官能検査を
行います。実際にダブルチーズバーガーをつくり、
その味や風味、とろけ具合までしっかりと確認。
ここまで徹底してチェックされたものが、
はじめてマクドナルドのオリジナルチーズになれます。

見える、マクドナルド品質 トップへ