食材の道のり

食材の道のり コーヒー篇

マクドナルドのコーヒーには、豆の品種や焙煎方法、包装に至るまで、さまざまなこだわりがあります。農園で丁寧に育てたコーヒー豆がお店に届くまでの道のりをご紹介します。

見える、マクドナルド品質 私たちがお答えします。

キーコーヒー 九州工場

工場長

久保山 稔夫

キーコーヒー 九州工場

品質管理課長

志岐 昭彦

 

※情報は2019年10月現在のものです。

レインフォレスト・アライアンス 認証農園のアラビカ豆100%。

使用しているコーヒー豆は、
コロンビア・ブラジル・ペルー・
グァテマラ・ニカラグア産。
各国で定めている品質基準を満たした
豆だけを厳選しています。
レインフォレスト・アライアンス認証農園で
収穫されたアラビカ豆100%です。

専門の判定員が品質をチェック。

収穫した生豆を、
コーヒー豆の原産国と日本で
複数回にわたり品質チェックします。
専門の判定員によって合格判定された生豆だけを
使用します。

味と香りを引き立てる、 こだわりの焙煎方法。

日本国内の工場に運んだ生豆を、風力選別機や
粗選機、磁選機などを使用し異物除去します。
焙煎工程では、ハンバーガーなどの食事と
食べ合わせのよい味に仕上げるため、
それぞれの豆の特性に合わせて煎り方を調整し、
味と香りを引き立てています。

おいしさの秘訣は、 豆の挽き方にあります。

焙煎した豆を、ローラーを使って粉砕します。
狙った味がでるように、
豆の挽き方を細かく調整しています。
お店のコーヒーマシンの特性を踏まえて挽くことも、
おいしさのためのこだわりです。

酸化を防ぐ小分け包装でお店へ。

粉砕したコーヒー豆を窒素充填しながら小分け包装し、
酸化を防ぎ鮮度を保ったまま全国のお店に出荷します。
いつでも鮮度の高いコーヒーを味わって頂くため、
お店で1回ずつ抽出するたびに開封する
包装サイズにしています。
工場では金属検査に加え、お店と同じコーヒーマシンを
使用した品質チェックも行っています。

見える、マクドナルド品質 トップへ