食材の道のり ビーフ篇

今回の「食材の道のり」では、マクドナルドのビーフパティにかかわる生産者の方々を訪ねました。日本のお客様からの質問、また疑問に思っていることに対して、農家の人や加工工場の人たちに答えていただきました。牛の飼育方法から徹底されている品質・衛生管理の秘密をひもといていきます。

農場篇(オーストラリア)

原産国オーストラリア

日本の約20倍の広さを誇るオーストラリアは、生産する牛肉の約2/3を輸出する世界最大級の牛肉輸出国。ビーフパティの生産は、その広大な土地で育った健康な牛肉を加工するところからスタートします。

※現在マクドナルドのビーフパティは、オーストラリアのほかニュージーランドの牛肉も使用しています

日本ではお馴染みのオージー・ビーフ

日本の牛肉消費シェアは、国産肉4割に対して輸入肉が約6割を占めています。そして輸入肉の約半分はオージー・ビーフ(オーストラリア産)。日本以外にも世界約100国に輸出実績がある安心のビーフブランドです。

ルシンダ・コリガン ルース・コリガン ブライアン・コリガン 見える、マクドナルド品質 私たちがお答えします。 オーストラリア レニーリー農場 オーナー コリガン一家

  • 牛たちは、広大な農場で育っています。

    ここはビーフの産地の一つ、オーストラリアにあるレニーリー農場。
    家族で経営している広大な農場で、牛たちはのびのびと育っています。
    実は、牛たちにできる限り良い環境を整えることは、国と農業業界が定めたルールでもあります。
    牛たちは大切に守られながら、健康に成長していくのです。

  • 牛の食事は、自然が育てた牧草のみです。

    レニーリー農場の牛たちのエサは自然が育てた牧草です。添加物も一切与えていないので、
    安全でおいしいビーフが育ちます。牛たちが食べるものまでこだわることで、
    ビーフの品質が保たれています。

  • 一頭一頭の牛は細かくデータ管理されています。

    牛たちをデータ管理するため、牛たちにはイヤータグがついています。
    タグに記録されているデータは専用のデータリーダーで読み取ることができます。
    牛たちの移動履歴や出生地、健康状態も記録することができ、
    もし出荷した牛の情報が必要な場合は、すぐに取り寄せることが可能です。

見える、マクドナルド品質 トップへ