食材の道のり ビーフ篇

今回の「食材の道のり」では、マクドナルドのビーフパティにかかわる生産者の方々を訪ねました。日本のお客様からの質問、また疑問に思っていることに対して、農家の人や加工工場の人たちに答えていただきました。牛の飼育方法から徹底されている品質・衛生管理の秘密をひもといていきます。

ビーフパティ工場篇(日本)

加工国日本(千葉)

オーストラリアで加工された牛肉は船便で日本に運ばれ、千葉にあるスターゼンのビーフパティ工場にて最終加工を行い、店舗に配送されます。その生産能力は一日に約96トン。月に約2,300トンを誇ります。

見える、マクドナルド品質 私たちがお答えします。 スターゼン千葉工場 工場長 渡邉 元 スターゼン千葉工場 品質管理室 室長 矢野 良

※情報は2014年12月現在のものです。

  • 高周波解凍で牛肉のドリップを抑える。

    冷凍された牛肉を加工するため、まずは高周波解凍機で牛肉を解凍します。高周波を使うことで、
    短時間で解凍でき、牛肉のうまみ成分を含むドリップの流出を抑えることができます。
    こうして牛肉はうまみ成分を閉じ込めたまま、加工されていくのです。

  • 挽肉にする際も、品質チェック。

    肉を挽肉に加工する際、赤身肉と脂身肉の割合を、専用の検査機でチェックします。
    ハンバーガーに適したビーフパティをつくるための配合を管理しているのです。
    また挽肉にする際に、肉にまぎれている軟骨やスジをマシンで除去。
    こうすることでパティのクオリティを保っています。

  • パティは無添加ビーフ100%です。

    マクドナルドのビーフパティは文字通り100%ビーフです。
    つなぎに卵やパン粉は使用せず、挽肉のこね具合を調整して、パティを成形していきます。
    味付けは店舗での塩コショウだけ。添加物は一切加えられていないので、
    パティのおいしさは、素材そのもののおいしさです。

  • 品質管理は最後の最後まで。

    パティは箱詰めされたあと、最終チェックを行います。微生物検査を行い、実際にパティを焼き、
    食感を確かめ、安全と美味しさにつながる品質管理を行っています。
    全ての検査に合格したパティのみ、マクドナルドの店頭に出荷されるのです。

見える、マクドナルド品質 トップへ