障害者雇用

※障害者:厚労省をはじめとした官公庁の表記に準じています。

障害者雇用に対する考え方

マクドナルドの仕事はピープルビジネス。私たちは、「人」を大切な財産と考えています。それは「人」の成長が企業の成長へとつながると考えているからです。

一人ひとりがより高いパフォーマンスを発揮することのできる組織をつくるために必要なことは何でしょうか? マクドナルドはダイバーシティ(多様性)を推進する企業としてさまざまな取り組みを行っています。私たちは、人種や性別、年齢などの違いを尊重し、さまざまな力を持った「人」が活躍できる、成長の可能性を最大限にサポートする体制をつくることが重要だと考えています。

マクドナルドでは、障害を持つ方へも、自身の力や考え方を強みとして活かせる場を提供しています。誰にとっても成長を実現できる場所が、マクドナルドにはあります。

マクドナルドの職場環境

マクドナルドでは、誰にとっても働きやすい環境づくりに取り組んでいます。人の成長をサポートするツールとして、ユニバーサル仕様の教材を採用し、職場となる店舗においても一人ひとりが着実にステップアップしていくためのトレーニングシステムがあります。

日本マクドナルド株式会社の直営店舗では、障害を持つ方でもそれぞれのニーズに合わせたサポート体制を通じて、現在約200名が店舗で活躍しています。また、フランチャイジーの店舗においてもそれぞれ独自の取り組みを行っています。

店舗での業務内容イメージ

  1. 10:00 ピーク準備
  2. 12:00 休憩
  3. 13:00 ピーク片付け
  4. 14:00 ハンバーガー製造
  5. 17:00
ピーク準備
多くのお客さまが来店する昼食の時間帯。この時間の成功のカギを握るのが「ピーク準備」です。厨房フロアの清掃、資材の準備、洗い物、などたくさんの仕事があります。これらを一つ一つ確実に実施することで、お客さまに最高の商品をお届けすることができるのです。
ピーク片付け
ピークの後は次の時間帯に向けて片付けが必要です。厨房内の片付け、洗い物、資材の準備や厨房フロアの清掃など、夕方のピークに向けて大切な仕事ばかりです。
ハンバーガー製造
夕方の準備が整ったら、ハンバーガーを作ります。マクドナルドには覚えやすいマニュアルと、一人ひとりが着実にステップアップできるトレーニングシステムがあるので心配することはありません。一つずつ、しっかりと覚えていけば、一人でいろいろな種類のハンバーガーを作れるようになります。

先輩インタビュー(Coming Soon)

クルーの仕事/職場

採用情報

募集職種 業種:ハンバーガーレストランチェーン
仕事内容:店舗での調理や調理補助が中心になります
雇用形態:パートタイマー
賃金形態:時給月給
待遇 ・各種保険加入
・福利厚生/制服貸与あり、エンプロイーミール(食事補助)など ・その他/年2回の評価制度あり
・待遇については店舗により異なりますので下記連絡先までお問い合わせください。
お問い合わせ クルーリクルートセンター
h_support@mcdonalds-online.com(受付9:00~20:00)