キャリア教育支援

マクドナルドは、地域社会に踏み出す新たな一歩をお手伝いしています。

マクドナルドが実施する職場体験学習は、高等学校生徒および中学校生徒を対象とし、社会において働くことの大切さ、さまざまな仕事を通して社会の成り立ちを理解する重要な役割を担っています。地域と密接に結びついたマクドナルドでの体験学習を通じて、さまざまな課題について学んでもらえるよう、各教育機関と協力して進めています。

高校生向け職場体験学習

文部科学省では、学校教育においてキャリア教育を推進しています。キャリア教育とは、生徒一人ひとりが社会的・職業的に自立し、将来のキャリアを選択・決定していける人材となることが狙いとしているものです。文部科学省は、社会的・職業的自立を促す上で、人間関係形成や将来設計、情報活用、意思決定といった能力の育成を重視しています。それらの能力を十分に育むために、日本マクドナルドでは職業体験学習を通じて、通常の学校教育では学ぶ機会が少ない「実務」の現場を提供しています。

※より具体的な内容のお問い合わせは、「職場体験学習のできる店舗一覧」よりご希望の店舗へ直接ご連絡ください

中学生向け職場体験学習

日本マクドナルドでは、平成17年度より中学生を対象に開始された産・官・学の連携プログラムを通じて、若者の勤労観、職業感の育成に取り組んできました。生徒一人ひとりが人間関係を深め、働くことの素晴らしさ、喜び、厳しさを身をもって実感できるよう、「働くとは何か」について真剣に考えるきっかけとなる職場体験の場を提供しています。

教育向けプログラムとは

日本マクドナルドでは、社内の人材教育施設である「ハンバーガー大学」(Hamburger University=HU)を通じて、1999年より東京都公立学校教員向けの研修活動を実施しています。ゲームなどを用いた独自のプログラムを通じて、コミュニケーション能力やチームワーク、リーダーシップなど社会人に求められる能力を育むことができます。
※詳しくは「ハンバーガー大学」のページをご覧ください

マクドナルドオリジナル職場体験用教材「McDiscovery」の紹介

マック・ディスカバリー(職場体験プログラム)の主な内容
  • コミュニケーション、チームについて
  • 衛生、手洗いのルール
  • マクドナルドを支える「道具」とメンテナンス
  • お客様にとって「マクドナルド体験」となるかけがえのない1個
  • 全ての作業にシステムと手順がある
  • プロの目でみた「清潔」
  • きょうのお客様はあす来ないかもしれない~いま何をする?
  • 世界共通の「スマイル」
関連情報
  • 文部科学省キャリアスタートウィーク(1MB)
  • 財団法人産業教育振興中央会

マクドナルドで成長するクルーを描く クルーマガジン『SMILE』のご紹介

クルーマガジン 『SMILE』とは

マクドナルドのビジネスは「人」の成長によって支えられています。
そして、「人」の成長とは行動が変化すること。その行動の変化を促す環境が、マクドナルドの店舗にはあります。
クルーマガジン『SMILE』では、マクドナルドの店舗で働く日々の中で、クルーが何をきっかけに、何に気づき、どのように行動したか、という「成長の過程」を描いています。それを一つの冊子として、全国17万人のクルーで共有することで、自分自身の成長を顧みる機会を提供しています。
マクドナルドでの職場体験をご検討いただいている皆さまも、ぜひご覧いただければと思います。

クルーマガジン『SMILE』を読む(pdfダウンロード)

Get ADOBE READER
お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない方は、
こちらからAdobe Readerをダウンロードできます。