廃棄物削減への取り組み

マクドナルドでは、「メイド・フォー・ユー」システムなどの店舗運用による廃棄物削減や食品廃棄物を回収して再利用する、食品リサイクルに積極的に取り組んでいます。

食品リサイクル率49.3%(2015年度)
※改正食品リサイクル法に基づく業界目標リサイクル率50%

廃棄物削減への取り組み

食品ロスを減らしています

ご注文をいただいてから調理する「メイド・フォー・ユー」システムでは、品質の維持・向上だけでなく、無駄な作り置きをしないため、食品ロスの削減に貢献しています。
■抑制効果
「メイド・フォー・ユー」システムにより、作り置き方式であった2001年と比べ、2015年は約61%のサンドイッチ類の食品ロスを削減しています。

廃棄物削減への取り組み

食品廃棄物のリサイクル(1)「肥料化・飼料化」

食品資源の有効活用のため、店舗で出される食品廃棄物を回収して再生利用する、食品リサイクルを推進しています。関東エリアの62店舗では肥料化・飼料化を導入しています。
(2015年12月末現在)

廃棄物削減への取り組み

食品廃棄物のリサイクル(2)「バイオガス化」

食品資源の有効活用のため、店舗で出される食品廃棄物を回収して再生利用する、食品リサイクルを推進しています。関西エリアの28店舗ではバイオガス化を導入しています。
(2015年12月末現在)