政府による緊急事態宣言発表に対するマクドナルドの対応について

2021.01.13  21時更新

政府の「緊急事態宣言」の大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、栃木県、福岡県への発出およびそれに対する各自治体からの要請に対して、日本マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、お客様と従業員の健康と安全を最優先に感染拡大防止の取り組みを最大限行った上で、以下の対応をさせていただくことをお知らせいたします。

20時~翌朝5時までの店内客席のご利用中止

以下の全店舗にて、20時~翌朝5時までの店内客席ご利用を中止し、お持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーのみのご提供となります。なお、一部の商業施設内の店舗については、施設の要請に基づき営業時間を短縮する場合もございます。
※1月13日(水)21時時点での状況です。今後変更になる場合があります。予めご了承ください。

  • 大阪府 約240店舗 1月14日(木)より2月7日(日)まで
  • 京都府 約80店舗 1月14日(木)より2月7日(日)まで
  • 兵庫県 約140店舗 1月14日(木)より2月7日(日)まで
  • 栃木県 約40店舗 1月14日(木)より2月7日(日)まで
  • 福岡県 約100店舗 1月16日(土)より2月7日(日)まで
  • 岐阜県 約40店舗 1月16日(土)より2月7日(日)まで
  • 愛知県 約200店舗 1月18日(月)より2月7日(日)まで

※各店舗の営業時間、デリバリーサービス提供エリア等については、マクドナルド公式ホームページまたは公式アプリよりご確認ください。
*店舗検索はこちら
*デリバリーはこちら

※政府からの「緊急事態宣言」が発令されていない自治体で要請が出ている場合も原則対応させていただいております。営業状況は各店舗の情報をご確認ください。

日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。

日本マクドナルド株式会社


政府による緊急事態宣言発表に対するマクドナルドの対応について

2021.01.07

1月7日(木)に政府より1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)へ発表された「緊急事態宣言」およびそれに対する各自治体からの要請に対して、日本マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、新型コロナウイルス感染の拡大抑制のため、以下の対応をさせていただくことをお知らせいたします。

各地方自治体の緊急事態宣言の要請に応じた営業形態の変更

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県の店舗において、以下の期間で、準備のできた店舗から順次20時から翌朝5時までの店内客席のご利用を中止し、お持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーのみのご提供といたします。なお、一部の商業施設内の店舗については、施設の要請に基づき営業時間を短縮する場合もございます。
※1月7日(木)時点での状況です。今後変更になる場合があります。予めご了承ください。

営業形態を変更する期間

  • 東京都  店舗数約350 1月8日(金)より2月7日(日)まで
  • 神奈川県 店舗数約230 1月12日(火)より2月7日(日)まで
  • 埼玉県  店舗数約180 1月12日(火)より2月7日(日)まで
  • 千葉県  店舗数約160 1月12日(火)より2月7日(日)まで

各店舗の営業時間、デリバリーサービス提供エリア等については、マクドナルド公式ホームページまたは公式アプリよりご確認ください。
*店舗検索はこちら
*デリバリーはこちら

日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。

日本マクドナルド株式会社

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。