みんなの解答「ともだち」どう解く

問い3 友だちがたくさんいるのと、親友がひとりいるのは、どっちが大切なんだろう?

四千頭身の解答はこちら

  • 僕は友達がたくさんいました。
    僕は親友がひとりいます。
    「親友をひとり」作るために、「たくさんの友達」を作る必要があると僕は思います。
    親友はもともと、「たくさんの友達」の中の1人です。
    友達が10人いたとして、この中に将来も仲の良い親友が1人いるとは限りません。
    ただ、100人いれば1人くらいは本当に気の合う親友がいそうな気もしてきます。
    逆に、友達が1000人いたって、親友に出会えるかどうか分かりません。
    でも、親友に出会える確率はすごく上がると思います。
    それに、たくさんの友達と関わった結果、「やはり親友は、親友なんだ」という事に気付くのです。
    「たくさんの友達」がいたからこそ、僕は「親友」が出来ました。

    全文読む+

    四千頭身 都築さんのこたえ

  • 学生のうちは友達がたくさんいることに越した事はありません。
    体育祭や文化祭は大勢でワイワイしてた方が楽しめますし、色々な人間がいるんだなぁと楽しめますから。
    ただその中でも特に仲の良い親友は必須です。どんな自分でも見せられる友達は確実に将来貴重な存在になっていきます。
    そしてもう一つ言いたいのは、大人になるにつれて自然と本当に自分と気の合う人と連絡を取り合ったり、食事に行ったりするようになっていきます。
    友達は悲しいですが減るものです。
    大人になってからも関係性を築ける人を大切にしていったらいいと思います。
    あと、大人になっても友達はできますのでご安心を。

    全文読む+

    四千頭身 石橋さんのこたえ

  • たくさん友達がいるのも1人親友がいるのもとても素敵なことだと思います。しかし友達も親友も作ろうと思って作るものじゃないと思うんです。一緒にいて楽しいなと思ったら友達になってて、感覚で気づいたら友達になってるんだと思います。親友も同じで友達から始まって気づいたら親友になってるんだと思います。友達作ろうとして知らない人に急に友達になりませんか?って声かけないですよね。かける人もいるかも分かりませんが、そこから友達になるのってとっても難しいと思います。共通点とかがあったり同じクラスになったり自然と仲良くなったら自分の納得のいく環境になっていると思います。僕はめちゃめちゃ友達少なかったです。

    全文読む+

    四千頭身 後藤さんのこたえ

QuizKnockの解答はこちら

  • そもそも、友達って作るもの?なっちゃうもの?
    ぼくが友達だと思っている人は、ぼくを友達だと思ってくれてるかな?

    ぼくは、友達は「なっちゃうもの」だと思う。気が合うなーって何度も考えるうちに、友達になっちゃうんじゃないかなと思う。
    だから、僕は友達が少ない。せっかちだからかな、「気が合うなー」を待てないんだ。
    それだけ気が合う人なら、僕のことも友達だと思ってくれるだろう、って安心したいしね。
    お互いを大切にするために、僕は友達が少なくてもいいんだ。

    ……でももし、もう少しせっかちが治るなら、色んな人と友達になるのもいいな。気が合う人が多いなら、いろんなひとと一緒に幸せになれるはずだから。

    全文読む+

    伊沢くんのこたえ

  • 僕は、友達をとっても大事にしたいし、友達にはたくさん時間を使ってあげたいと思う。でも、友達も大事だけど自分も大事。僕は器用じゃないから、たくさん友達がいたら、全員のことを大事にすることはできないかもしれない。そう考えると、僕にとっては、「友達たくさん」よりも「親友すこし」のほうが幸せかもしれない。
    でも、友達のためにたくさん時間を使うことは難しくっても、その人のことを考えることはできると思う。そうしたら、「親友」までいかなくても「友達」にはなれるかもしれない。自分のことを考えてくれる友達がたくさんいたらうれしいとも思うから、僕もそうする。大事なのは人数じゃなくて、どんな関わり方をするかだ思う。

    全文読む+

    山本くんのこたえ

  • 友達がたくさんいることと親友が一人いることは、別のことじゃない!たくさん友達がいて、その中の一人や二人とさらにとっても仲がいいのが普通かなと僕は思う。みんなそうだから、あなたもそうでも何も困らないと思う。もし、親友という言葉を、朝から晩まで何をするにもずっと一緒にいなきゃいけない人と考えているんだったら、それは違うかもね。たしかにずっと一緒にいなきゃいけない人がたくさんいたら困るし、一人でも欲しいかどうか。そうじゃなくて、お互いにやりたいこと、楽しいことが同じ時に一緒にいられて、その楽しいことがたくさん被ってるのが親友で、1個くらいなのが普通のともだちなのかなと思う。

    全文読む+

    須貝くんのこたえ

  • 私は欲張りなので、「親友」が「たくさん」欲しい。親友は1人だけってこともないし、めっちゃ仲良い人がたくさんいたら幸せだな、と思うから。そして、私は仲良い人を少人数に絞るのは怖いなと思っている。交通事故を完全に防ぐことができないのと同じで、人間関係も防ぎようのない理由で壊れてしまうことはあるから。私は大学で出会ったある親友と、大喧嘩してそれっきりになっている。もう2度と話すこともないと思う。私が今前向きに生きていけてるのは、親友がその人の他にもたくさんいたからだろうなと思っている。どんなに気をつけていても、人間関係が壊れてしまうことはあるという前提で、色んな人と仲良くすべきだと思っている。

    全文読む+

    こうちゃんのこたえ

みんなの解答

  • 正直どっちでもいいですが
    1人の親友の方が自分はいいと思いました
    しかし今この文を書いてる時
    自分は昔からの親友に悪意ある裏切られ方を
    して1週間気が滅入ったんですが同時に
    吹っ切れて今まで自分が見れてなかった事自分を励ますことに楽しいことを沢山したりとても有意義に1週間使ってみました感想としてはすごい楽しかったですただ他の人には裏切らない大切な親友を1人だけ持って欲しいなと思います(笑)

    盟さん

  • どちらが大切かなんて無い。ただ、自分がどれだけ相手の事を信じられるかが大切。友達が沢山あるいは親友ができたとしても、その人に裏切られたら、その後も信用できるのか?それを信じ続けられる意志さえあれば、それは『友達』『親友』と呼べる関係になる。友達も親友もどちらも大切。だからどちらが大切かなんて無い。だからこの問題には答えは無い。答えが無いのが正解。

    みゃたりさん

  • もし自分が難しい壁にあたった時、
    友達がたくさんだと、たくさんの解決策を出し合ってくれる。
    親友が1人だと、一緒に乗り越えてくれる。

    あやさん

  • 大切なのは人数ではなく、どれだけ長く友達でいられるかだと思っています。長く過ごしていればお互いの良いところも悪いところも、自然と見えてくるでしょう。そうして認め合うことができる、もしくは相手の悪いところも気にしないことができる。それが大切な気がします。

    むらさきさん

  • 私は親友が1人か2人ぐらいで、友達は少なくていいと思います。なぜなら、友達の量を求めるのはきっと周りの人の友達の数を気にしてるからだと私は考えています。

    椎名春さん

  • この答えはどちらが大切かどうかを決められるものではないとおもいます。
    それは友達の数は何の意味も持たないからです。だから数で比較をすることに意味はないと思います。
    一番大切なことは“友達を大切にすること”です。自分が大切にできる友達がいることが心の支えになることもあります。
    そんな私も子どもの頃はたくさん友達がいる人や人望がある人を羨ましく思っていました。大人になって、仕事が忙しくなったり結婚育児などで環境が変わり友達と会う機会が減ってもそれでも仲良くしてくれる友達がいる、それだけで今は幸せです。

    ひまたいさん

  • 大切な親友と呼べる存在が数人いればいいと自分は思う。
    1人で出来ることはたかが知れてて、むしろできないことの方が多いから、そんな時に助けてくれる人がたくさんいてくれると確かにとても心強いかもしれない。でも、見かけだけだったり大切な局面で観客になってしまうような人達ばかりだったら、きっと傷ついてしまうから、自分は絶対その人を助けるし、その人も自分を助けてくれると確信できる人と出会えたら友達がたくさん居なくても満ち足りると思うから。

    オニオン丸さん

  • どちらが正しいとは言い切れないけれど、私は親友が1人いる方が大切だと思います。友達がたくさんいるのは友好関係が広いということだから素晴らしいと思うけど、友達みんなと平等に仲良くするのは難しいし、それを成し遂げるために頑張ってしまうのは友だちを持つ意味と違うと思うからです。友達というのは自分が頑張って仲良くするものでは無くて、無理しなくても自然体で一緒にいれる人のことだと思います。礼儀はもちろん守らなければならないけど、必要以上に気を遣う人と仲良くするよりは信頼出来る親友1人を大切にする方がいいと思います。

    ゆんちゃんさん

  • 友達がたくさんいるのが嬉しい人もいるし、仲のいい子が一人いればそれでいい人もいるし、ひとりが好きな人もいる。
    みんなそれぞれだから、友達の数や、友情の深さを誰かと比べなくてもいい。

    とうきよさん

  • 友達はたくさんいる方がいいと思います。
    自分が気軽に話せる、趣味や好みを共有できる、そういった友達を多く作ることで、たくさんの「気づき」を実感できます。
    触れ合いから生まれるぬくもりや絆は、1人では決して気づくことは出来ません。
    賢くて立派な大人になるために
    「気づき」はとても重要です。
    そんな「気づき」をお互いに共有しあえる友達を多く作ることが大切なのではないでしょうか。

    まにゃまにゃさん

  • 私はたくさんの友達派。
    人脈の広さは自分の視野や可能性を広げてくれると思う。

    さあやさん

  • 私には友達がたくさんいます。そして、親友がひとり居ます。普通、1番遊ぶ友達が親友という人が多いと思いますが、私たちは少し違っていて、親友と遊ぶ回数よりほかの友達と遊ぶ回数の方がお互い多いのです。でも、お互いしんどい事や辛いことがあった時はそばにいます。悩みを打ち明けるって案外難しいことだから、楽しい時間は誰といても楽しいけど、辛い時間を楽しい時間に変えられるのはこの子だけだなぁなんて思うこともあります。だから私は、一緒にいるとなぜか辛い気持ちが和らぐ、親友を大切にしたいなって思います。

    しずくちゃんさん

  • どちらも大切だと思います。が、やはり交友関係は多少広い方がいいのではないでしょうか。まあ要するにどちらも大切だと思います。
    僕は基本1人にベッタリしちゃうタイプなのですが、その子にもまた他に仲いい子がいるので、他の子と話してると1人になってしまいます。
    やっぱり親友は一緒にいると楽しくて、
    他の友達より仲がいい"子なのではないかなあ、と思っています。あまりベッタリしすぎても疲れるし嫌われるので、1番はいい関係を保つこと。その上で親友を大切にしていきたいですね。

    ひびとさん

  • 親友ひとりがいいと思います。
    話せる人がたくさんいても、心を開ける人がいないと、常に気を使うことになって疲れてしまうので、気を使う必要のない親友がいれば、楽しく過ごすことができると思います。

    えみさん

  • 友達はたくさんいた方が良いと思う。1人だけ仲のいい人を見つけるのは良いと思うがたくさんいて困ることはないと思う。そうすれば、自分と意見が当然違ったりするが、一緒に遊びに行ったり、困っている時にお互い助け合う事ができる。私は今、大学に通っているが、中々友達が出来なくてすごく寂しいし、不安だ。小中高はクラスというものがあり団体として色々活動するから自然とみんなと仲良くできたり、友達になれると思う。しかし、大学生になった今、クラスというものがないため仲良くなれる人を見つけるのに凄く時間がかかっている。たくさん友達を作って助け合ったり、遊んだりしたいなと思っている。

    ゆきうさぎさん

  • 結論から言うと、どちらも大事。
    友達が沢山居た方が、楽しいし、交友関係も可能性も広がる。親友が1人でも居た方が、相談し合えるし、一生一緒のパートーナーにもなる。

    ぬんさん

  • 私はこの「どう解く?」を通じて、友達ってなんだろうって考えてみたんだ。色々な考えを持っていると思うけど、私自身が、この子は私のお友達!って自信もって紹介できる人があまりいなかった。沢山いてもいいけれど、それは本当に友達って言える人も含んでるのかな?この質問、とっても難しいね。

    おくさくさん

  • 別に親友少しとか友達たくさんっていうのじゃなくて、親友たくさんとか友達少しっていうのでもいいと思う。
    友だちが多くてつかれる子もいると思うし、みんなとすごく仲良くしたいって思う子もいるから。

    みかんさん

  • どちらとも良いと思う。
    私は少なくてもお互いのことを分かり合い、思い合えるような親友が居ても幸せだと思うし、
    たくさん友達がいて体育祭や文化祭でワイワイ盛り上がれるのも幸せだと思うから。

    れれさん

  • 私は親友1人派です。自分は友達だと思ってるけど、相手は友達だと思ってなかったら怖いから。互いに分かり合える親友と少しの友達が居れば良いかなぁ…と思います。

    みずなさん

  • 友達が沢山いたほうがいいかな。
    親友もだいじだけどケンカしたり意見が合わなくて離れることもあるかもしれない。
    沢山の友達の中にもっと仲良くなれる子がいるかもしれないから。

    さやぎさん

  • 友達も親友も「何人いるか」じゃなくて「自分にとってどんな人か」が大事だと思う。
    私の周りには「どんな些細な話でもできる人」とか「相談に乗ってくれて自分の考えを深めてくれる人」とか「一緒にいるだけで笑顔にさせてくれる人」がいるから、親友も友達も多くはないけどとっても幸せ。
    もし友達がたくさんいても、背伸びして合わせたり自分を押し殺して付き合ったりする人ばかりだと幸せって感じないかも。

    ささみんさん

  • この問題に、答えはないと思う。
    私は独りがとても怖い。
    だから、大人数で行動することが多いなあ。
    けどその中にはもちろん、合わないな~って子もいるし、この子とずっと一緒にいたい!って子もいる。
    けど全部上手くいくことなんてないから、結局このまま。
    すっごい気の合う子と会えるのは、それは奇跡。だから、その子を大切にしてほしい。
    私はそれができないから、友達がいっぱいいる。

    アオイさん

  • 友達はいっぱいいるのに親友はいないってどういうことだろう。
    それは友達とちゃんと向き合えていないんじゃないかな。好きなコトも、言いづらいコトも、一緒に話して、親友になっていくと思うから。
    だから友達いっぱいよりは、大切な親友がひとりでもいる方が良いと思う。

    とまトマトさん

  • どちらも大切である。ただ、どちらかを選ぶのであれば、どうしてそっちを選んだのか?を考える必要はあると思う。
    人との出会いはご縁。自分が納得すれば数や親密度にこだわって友達は作らなくていいと思う。
    でも、欲張ることは悪いことではないから、どちらも大切だとすれば、安心してたくさんの友達も仲のいい友達も作っていいと思う。たくさんの友達がいても仲のいい友達がいても、自分にとって大切な人に変わりは無いと思うから。

    よふかしさん

  • 僕は、友達という一括りの中に親友という言葉が入ってると思う。
    そもそも、友達って作るものじゃなくてできるものだから、気が合うかも!と思ったらもう友達になってると思うし、その中でも気が合う事が多い友達とか趣味がいっぱい被ってるのが親友って言えるのかなって思う。
    いつの間にか自然に友達・親友と言える人はできてると思うし、何よりそれをもっと一括りにしたら仲間という括りにもできるから、この問題に関しては両方、仲間を作るってことに違いは無いかなって思う。

    らいむさん

  • ぼくは友だちが少ない。みんなが楽しそうに遊んでいてもはずかしくて声をかけられないし、遊びにさそわれても知らない子がいるとことわってしまう。
    そんなぼくにも親友が一人いていつも楽しいから、ぼくはその親友がいてくれれば他の友だちはいなくてもよいと思う。
    でも、親友が他の子と遊んでいるのを見るとさみしく感じるから、本当は友だちが多い方がよいのかなあ。

    そういちろうさん

  • 友達もいろいろ。
    クラスの友達、部活の友達、学年の違う友達、遊びに行きたい友達、相談したい友達。親友という特別な友達。
    どれもいたら楽しい。
    数が大事じゃない。
    友達ってもっと自由だと思う。

    あさひなさん

  • 人によって友達が多いことがいい人もいれば親友1人で充分な人もいる、どっちがいいかは一概に言えない。大事なのは、自分らしくいれる相手がいること、大好きって思える相手がいること、その人数は関係ないと思う。

    おこめさん

  • 友達は、真剣に相談を聞いてくれるひとを複数人作っておくのがベストだと思う。
    1人だけだとその1人を失った時すべてを失うことになるし、関係が浅い悩みを真剣に聞いてくれない人は何人いても意味がないと思うから。

    みずりすさん

  • 友達がたくさんいるって何人くらいのことだろう。10人だと言う人もいるし、100人だと言う人もいると思う。「たくさん」は人それぞれだけれど、1人と限定しないので色んな子と仲良くできると思う。
    とっても仲良しな親友が1人いることは素敵だけれど、その子以外の子と仲良くなるキッカケを逃してしまう可能性があると思う。
    そう考えると、仲いい子は1人だけと決めつけるより、色んな子と友達になれるかもと思って行動するほうが素敵だと思う。

    おーかわさん

  • たくさんいる方が、幸せだと思う。親友1人しかいない様な深く狭い関係だと、その子が居なくなっちゃった時、すごくしんどいから。友達と呼べる関係は知り合いよりも深いと思う。広く浅くはない関係は、多様な考え方を吸収できたり、自分のいろんな表現が可能だったりする。相談する時、親友1人の意見しか聞けないのと、ちゃんと考えてくれる友達数人に聞くのとでは自分の考え、行動も変わると思うから。それに、芯さえ強く持っていれば、相手によって自分の表現、対応が変わるのはいいことだと思う。

    ももかさん

  • 私は、親友は友だちの中から見つけられると思う。自分と1つか2つ、気の合うところを見つけて友だちになったのなら、もっと気の合うところを見つければ親友にランクアップするんじゃないかな?
    だから、まずは友だちをつくるんじゃなくて見つけて、その中から「今よりもっと仲良くなれるかも!」っていう人と長く付き合っていけば良いと思う。そうすれば友だちも親友も手に入っていいとこ取りだ!!

    はるさめさん

  • 周りから1人だと思われたくないからたくさん友達を作りたい。
    でも、自分の気持ちを抑えてまで無理やり仲良くするのもしんどい
    なんでも話せる友達は1人は絶対いた方がいいと思う。

    こはさん

  • 私は友達はたくさんいて欲しいですが、その友達の中に、「気の合わない友達」がいてくれるといいかなと思います。
    自分とは全然違う視点から物事を見ていたり、相談をしたら思いも寄らない返事が返ってきたり……もちろん喧嘩もしますが、見方が広がり楽しいです。

    むぎさん

  • 友達も親友もどちらも大切だと思う。

    友達は沢山いるのがいいと思う。
    学校行事などは大人数の方が楽しめるし、勉強や部活でも助けあえるから。

    大人になってからも関係を続けたいと思う人(親友)も必要だと思う。
    私は親友とは高校が離れてほとんど会うことが無くなってしまった。
    けど、久しぶりに会った時に昨日も会っていたのかなと錯覚するぐらいに違和感もなく相談もたわいもない話も出来る。

    だからどちらも大切

    あぽろさん

  • たくさん友達がいる方がいい
    色んな人と仲良くなった方が沢山の人の価値観を知る事ができるから
    人の考えと自分の考えを照らし合わせることで新たな考えを生み出す事ができると思うから

    ユウキングさん

  • 私は友達とはっきり呼べる人は少ないけど、喧嘩しあったり、泣きあったりとお互いが分かり合える関係であれば、私は人数は関係ないと思います。

    MINAさん

  • 親友ひとりがいい。

    仕事と家庭を両立しながら、大勢の友人を大切なするほど、私は器用ではない。一人の親友を大事にしたいと思う。

    ののさん

  • 私は、自分一人の時間も大切にしたいので、親友も友達も少なくて良いと思っています。それが、親友のことも友達のことも自分のことも大切にできる、一番自分に合った方法だと思っています。

    親友と友達の違いは、「距離感」(「友達」は程よく心地よい距離感を保てる相手、「親友」はお互いに踏み込んでいけるだけの信頼関係ができている相手)だと思っているので、どちらも必要。
    だから、自分に必要だと思う少しずつの親友と友達を大切にしたいです。

    もかさん

  • 友達はお互いに良い所を褒めあえる人。
    親友はお互いのダメな所も指摘できる人。
    自分の全部をさらけ出して、それでも一緒にいられる相手は本当の親友。

    わらびもちさん

  • 私は、友達がたくさん欲しいです。
    正確に言えば、親友がたくさん欲しいかなって思いました。
    実話なんですが、私自身、高校で仲が良かったこと、喧嘩して決別したときに、その子しか絡んでなかったため、新しいグループに入るのが、とてもむすがしくて辛かったからです。
    親友でなくなった後が怖いからです。

    咲さん

  • どちらも大切!
    『友達はたくさんいないけれど、心の内をさらけ出せる&何でも話せる友達が1人いる』、『たくさんの友達がいるけれど、心の内をさらけ出せる友達は一人もいない』
    その子にとって、友達&親友がどのような意味を持つのか……その子にならないとわからない
    要は、友達&親友は数ではなく、その子に必要かどうかじゃないかな…と私は思います

    あいすママさん

  • 両方とも大切。
    まず友達を作ることが大事だよ!

    ふうかさん

  • 俺は1人の親友の方が大事です。
    何故なら友達が沢山いても心が許せないかもしれないし、何も相談できないかもしれないからです。
    俺は自分が言うのもなんですが、実際友達が多い方だと思います。ですが、あまり心を許せていないところがあるからです。

    トウさん

  • 一緒にいて心を煩わせない友達がいたらいいなと思っています。
    僕の場合、いくら仲が良い人でも、相手がどう思っているか分からないから、嫌われているかもと不安になるから、いつも取り繕って過ごしてしまいます。
    そうやって無理に考えなくてもいい友達が、人生で必要だし、大切なんだと思います。

    シツムリツさん

  • 沢山の親友が出来ないって思うのはどうしてなんだろう。
    親友って楽しい時も大変な時もどんな時も一緒にいれる人のことだと思う。楽しい時一緒にいるのって簡単。これなら単なる友達でも出来る。でも大変な時に一緒にいるって難しい。
    大変な時にも一緒にいたいって思えるようになるためには自分から親友になりにいかないといけない。みんな欠点はあるんだから、努力なしに親友ってありえないと思う。
    この努力、すご~く大変だからする人が少ないんだと思う。でもこれを色んな人にしていくと、色んなことを知れるし、沢山の親友が出来るしで最高、かな。

    はるちゃんさん

  • 私はどっちでもないと言いたい所ですが、親友が大切だなって思う事が多いです。
    何かあった時にそばに居てくれるのが10年以上の付き合いの親友でした。
    同じ中学校から1人だけ違う高校に進んだのですが、私はなかなか高校からの友達を友達と言えず「クラスの子」と表現していました。昔からの友達と同じ言葉で括るのが何か違うなって感じていたからです。なので高校からの友達を「友達」と呼ぶのなら昔からの友達は「親友」と私の中で表現しています。
    私の中では親友が大切、と思う事が6割ほどを占めていますがもちろん友達も大切だと思っています。

    まゆさん

  • 私は友達って存在が怖いから作りたいとは思わない。
    けど自然となっちゃうものだから、どっちがいいとかじゃなくて出来たならそれでいいかなって思う。

    むらさきさん

  • 人数を意識する必要はない。ただ、自分のことを好いてくれる人、大切にしてくれる友達をその人以上に大切にしようと思います。

    ユノさん

  • わたしは親友がいた方がいいと思う。
    友達はいくらでも作れるけどその中でほんとに仲が良くて心から信頼できる人がいるのはなかなかないし、そんな人に出会えるだけで奇跡だと思うから。
    友達が信頼してくれていても自分が信頼できてなければ意味がないしその逆もそうだから、本当の意味で親友っていうものは人生の宝物なんじゃないかなと思う!

    ぐりとぐらさん

  • 私は、少なくても親友が欲しい派。小学生のときは、友達が沢山いて、とても楽しかった。だけど年齢を重ねていくうちに、自分のことを分かってくれる人は沢山いなくても、1人でもいてくれたらいいと思うようになった。もちろん、沢山友達がいたら趣味も合いやすくて楽しいけど、大人になったら沢山の友達と遊べる時間が少なくなる。だから、沢山の友達はいなくても、何でも話し合えたり、いるだけで幸せになれる親友を大切にしたいと思う。

    あいちゃんさん

  • 私は友達が沢山いる方がいいな。

    全く同じ趣味や価値観を持ってるわけじゃないし、親友とずっと一緒にいると考え方が偏っちゃう気がする。

    友達が沢山いると考え方の種類も沢山発見できるし、今日苦手だった子も明日には苦手じゃなくなるかもしれない。

    沢山傷つくこともあるけれど、その分沢山周りの人が助けてくれると思うし、そうであって欲しいなと思う。

    欲を言えば親友がいっぱい居たらいいね(笑)

    でも、どちらかって言われたら友達が沢山いて欲しいなあ。

    ぱるさん

  • 私はたくさんの友達よりも少ない親友派です。
    私はあまり人付き合いが得意な方ではないのでたくさんの友達に同じぐらい仲良くできるかと言われたら正直出来るとは思えません。なので自分のペースでゆっくりと同じ時間を共有できる少ない親友の方が自分にあっていると思います。
    相手に合わせることも大切ですが自分に合わせてくれる友達も必要だと思います。私はそれでギクシャクしたことがあるので、ゆっくり友達と向き合っていってほしいです。

    みーやんさん

  • 友達が沢山いた方がいいと思う。
    私が前いじめられた時、友達がたくさんの子に応援を頼んで解決してくれたことがあります。
    その時、私はクラスの女子全員から仲間外れにされていて、解決してくれた男の子から言われた言葉、
    「ともだちをつくれ。」が心に響きました。

    その為、「友達がたくさんいた方がいい」と身にしみて感じました。

    メロさん

アレルギー検索
栄養バランスを簡単チェック!
食材の道のり
マクドナルドの食育支援
環境に配慮したパッケージとリサイクルへの取り組み
apps banner bar

マクドナルド公式アプリ

モバイルオーダーでスマートに受け取り

sns background image

マクドナルド公式SNS

フォローして最新情報をゲットしよう

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。