ビジネススケール

マクドナルドのビジネススケール

マクドナルドは、世界中で最高の店舗体験をご提供し続けることで、唯一無二のブランド力を発揮しています。
また、全世界はもちろん、日本国内でも大きなスケールでビジネスを展開しており、これらはマクドナルドで働く上でも大きな醍醐味の一つとなっています。

日本マクドナルド

(2019年末時点)

中途入社社員の声

売上が大きいので、規模感のある数値・データを扱えることは、これからのキャリアにもプラスになると思います。また、今までの過去のデータの蓄積が多く、そのデータを扱えることもデータ分析の経験で活かせると感じています。(戦略・インサイト本部)

一人ひとりの裁量が非常に大きいと感じています。年間5,000万ケース以上のボリュームのサプライチェーンをEnd to Endで俯瞰できる仕事はなかなかないと思います。(サプライチェーン本部)

全国15万人のクルーを対象にした大規模なサービスを担当した経験は、非常にプラスになったと感じています。海外の方、シニアの方など、さまざまな属性のクルーに向けて最適なサービスを提供するのはチャレンジングでした。(オペレーション&テクノロジー本部)

前例のない新たな手法を生み出している会社だと感じています。そして、それが日本全土で新たな常識になっていく可能性がある規模と影響力を持った会社です。新しい常識を作ることは簡単ではないですが、それを成し遂げたときの達成感はプライスレスです。(財務本部)