私たちの責任

2021年 第41回 高円宮賜杯 全日本学童軟式野球大会
マクドナルド・トーナメント

「小学生の甲子園」とも呼ばれ、全国約11,000ある学童野球チームの頂点を決める、学童球児にとって最大規模の大会です。
2年ぶりの全国大会で、勝利を目指して闘う球児たちの熱い夏をレポートします。

全国大会

開始式

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の関係で新潟県での開催となった本大会。1回戦第1試合に出場の2チームと前回大会優勝チームの計3チームによる開始式が開催されました。始球式には元メジャーリーガー・上原浩治さんが登場!選手たちにエールを送ってくださいました。

前回大会優勝チームによる賜杯と優勝旗の返還。
前回大会優勝チームによる賜杯と優勝旗の返還。
選手宣誓の力強い声が球場に響き渡りました。
選手宣誓の力強い声が球場に響き渡りました。
元メジャーリーガーの上原さんの登場に選手たちだけなく大人も大興奮!
元メジャーリーガー・上原さんの登場に選手たちだけでなく大人も大興奮!
始球式にご参加くださいました。
始球式にご参加くださいました。

1回戦~準決勝

開始式の終了後、すぐに1回戦が開始されました。雨により1日順延となりましたが、54チームによる熱戦が日々繰り広げられました。

1球1球に想いを込めて投げる!
1球1球に想いを込めて投げる!
ナイスプレイ! 笑顔があふれます。
ナイスプレイ! 笑顔があふれます。

決勝戦

決勝戦は、4年連続全国大会出場の愛知県代表「北名古屋ドリームス」と、6回の全国大会優勝を果たす大阪府代表「長曽根ストロングス」との強豪同士の対戦となりました。
2回表、先制したのは「北名古屋ドリームス」。その後、6回表にも2者連続のホームランでリードを広げます。しかし、6回裏、「長曽根ストロングス」も2点を返し流れを引き寄せます。最終回、必死に守る「北名古屋ドリームス」に対して、2死満塁から逆転サヨナラとなる2塁打を放ち、「長曽根ストロングス」が劇的な勝利を挙げました。

優勝「大阪府代表 長曽根ストロングス」
優勝「大阪府代表 長曽根ストロングス」
準優勝「愛知県代表 北名古屋ドリームス」
準優勝「愛知県代表 北名古屋ドリームス」
決勝戦にふさわしいプレーの数々でした。
決勝戦にふさわしいプレーの数々でした。
優勝決定後、喜ぶ長曽根ストロングスの選手たち。
優勝決定後、喜ぶ長曽根ストロングスの選手たち。

閉会式

決勝戦終了後、閉会式が行われました。優勝チームへは学童球児憧れのマクドナルドチャンピオンワッペンが贈呈されました。これは、全国大会優勝チームに贈られる「日本一の証」です。

優勝チームへのマクドナルドチャンピオンワッペン贈呈。 「長曽根ストロングス」7回目の全国優勝おめでとう!
優勝チームへのマクドナルドチャンピオンワッペン贈呈。「長曽根ストロングス」7回目の全国優勝おめでとう!
素晴らしい決勝戦でした。 「北名古屋ドリームス」準優勝おめでとう!
素晴らしい決勝戦でした。「北名古屋ドリームス」準優勝おめでとう!

巨大応援メッセージ

大会開幕の前日、全国から大勢の応援団が駆け付けることが難しい状況のなかで、球児たちに向けて、新潟県内のマクドナルド店舗クルーたちと学童野球チームの球児たちがメイン会場スタンドにベンチを活用して応援メッセージを製作して、球児たちにエールを送りました。
大会アンバサダーである上原浩治さんも製作にご協力くださいました。

スタンドの座席に色紙を貼っていきます。
スタンドの座席に色紙を貼っていきます。
上原さんもクルー、球児と一緒に製作。
上原さんもクルー、球児と一緒に製作。
巨大応援メッセージが完成!
巨大応援メッセージが完成!
最後に上原さんを囲んで記念撮影 「全国大会、楽しんでいこうぜ!」
最後に上原さんを囲んで記念撮影 「全国大会、楽しんでいこうぜ!」

2021年 全国大会出場チーム紹介

各都道府県の代表として、全国大会に出場した全チームをご覧いただけます。都道府県をお選びください。

関連リンク

mcd_tornament_foot_link01
マクドナルドトーナメント試合動画配信
apps banner bar

マクドナルド公式アプリ

モバイルオーダーでスマートに受け取り

sns background image

マクドナルド公式SNS

フォローして最新情報をゲットしよう

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。