beef

農場篇(オーストラリア)

beef

原産国オーストラリア

日本の約20倍の広さを誇るオーストラリアは、生産する牛肉の約2/3を輸出する世界最大級の牛肉輸出国。ビーフパティの生産は、その広大な土地で育った健康な牛肉を加工するところからスタートします。

※現在マクドナルドのビーフパティは、オーストラリアのほかニュージーランドの牛肉も使用しています

beef

日本ではお馴染みのオージー・ビーフ

日本の牛肉消費シェアは、国産肉4割に対して輸入肉が約6割を占めています。そして輸入肉の約半分はオージー・ビーフ(オーストラリア産)。日本以外にも世界約100国に輸出実績がある安心のビーフブランドです。

EDE9B2C8-1863-4743-B5D4-97A0FC4F80A0.png
beef
beef
オーストラリア レニーリー農場 オーナー コリガン一家

※情報は2014年12月現在のものです。

牛たちは、広大な農場で育っています。
牛の食事は、自然が育てた牧草のみです。
一頭一頭の牛は細かくデータ管理されています。
一頭一頭の牛は細かくデータ管理されています。

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。