少年サッカー

全日本少年サッカー大会
全日本少年サッカー大会

全力で蹴って、全力で走って、全力で攻めて、全力で守って、全力で応援する。

くやしいことも、つらいことも、全力だったら、いつかステキな思い出になる。
子供たちの夢や希望がつまった今日を、マクドナルドは全力で応援しています。

全日本少年サッカー大会

マクドナルドは全日本少年サッカー大会を2011年からサポートしています。
本大会は、12歳未満の選手で構成される日本サッカー協会第4種チーム(※1)を対象とし、これまでにも数多くのJリーガーや日本代表選手を輩出している小学生年代最大の大会です。
大会サポートにとどまらず、選手児童約32万人(※2)へのマクドナルドオリジナルのサッカー手帳のプレゼント、店舗での団結式など、サッカーを頑張る子供たちに向けたサポートも行っています。
団結式とは、都道府県大会優勝チームの子供たちを店舗に招待し、全国から強豪が集う決勝大会での活躍を応援する、地域に根差したマクドナルドならではのセレモニーです。チームの結束を深め、健闘を誓いあう子供たちを激励し、決勝大会(全国大会)へと送り出しています。

  • ※1:日本サッカー協会4種チームは、12歳未満の選手で構成されています。
  • ※2:2017年の選手児童数は、約32万人です。

2017年 第41回大会

2017年の都道府県大会から決勝大会まで、全国約9,000チームの頂点を目指した子供たちの姿をご紹介しています。

  • ・決勝大会:2017年12月25日(月)~29日(金)
  • ・都道府県大会:2017年10月~11月

決勝大会(全国大会)

全国優勝を目指して頑張る子供たちの勇姿をご覧いただけます。

都道府県大会

都道府県大会で繰り広げられた熱い戦いの様子をご覧いただけます。

団結式(決勝大会出場チーム)

決勝大会出場の各チームを最寄りのマクドナルド店舗に招いて行っている団結式の様子をご覧いただけます。

2017年 都道府県代表チーム紹介

各都道府県の代表として、全国大会に出場した全チームをご紹介しています。
都道府県をお選びいただくと、代表チームがご覧いただけます。

マクドナルド U-12 スペシャルイベント with 北澤豪

決勝大会では、子供たちに「助け合いの心」、「互いを思いやる心」の大切さを考えてもらいたいと願い、イベントを開催しました。日本障がい者サッカー連盟会長でもあるサッカー元日本代表の北澤豪さんとブラインドサッカー日本代表の寺西選手をゲストに迎えてのスペシャルイベントです。
ブラインドサッカー、トークショー、ドナルド・マクドナルド・ハウス支援チャリティアトラクションを体験しながら、コミュニケーションやチームワークの重要性を学び、ユニバーサル社会への理解を深めてもらいました。また、「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の紹介では、スポーツにもチャリティにも通じる「助け合うことの大切さ」を子供たちに伝えました。

ブラインドサッカー体験 イメージ
ブラインドサッカー体験
目隠しをしながら、仲間の声を頼りにコーンをめがけてキック イメージ
目隠しをしながら、仲間の声を頼りにコーンをめがけてキック
チャリティアトラクション、500名を超える方が募金に参加 イメージ
チャリティアトラクション、500名を超える方が募金に参加
北澤豪さんトークショー イメージ
北澤豪さんトークショー

KICK OFF 2017 手帳の配布

サッカーを頑張る子供たちを応援するためのオリジナルのサッカー手帳を制作し、日本サッカー協会4種チームに登録している約32万人の選手児童たちへプレゼントしています。
全日本少年サッカー大会のことから、各国で行われているサッカーの情報、プロ選手によるテクニック講座、効果的なストレッチ方法、強い体づくりのために役立つ食育情報などまで、子供たちの心と体の健やかな成長を応援したいとの願いを込めた盛りだくさんな内容です。

KICK OFF 2017 手帳 表
【表紙】
KICK OFF 2017 手帳 裏
【裏面】

手帳の一部をご覧いただけます。各ページ画像を選択するとPDFがダウンロードできます。

第40回 全日本少年サッカー大会(1.19MB)
U-12スペシャルイベント with 北澤豪(1.06MB)
こころをみがく「整理整頓」(1.26MB)
もっと強くなるための食生活(2.85MB)

お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない方は、こちらからAdobe Readerをダウンロードできます。

関連リンク