マクドナルドからのメッセージ

これからもマクドナルドは、食のリーディングカンパニーとして一人ひとりが真摯に取り組んでいきます。代表取締役社長兼CEO サラ L.カサノバ

マクドナルドは、来店されるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指しています。そのためには、世界でも最高のサービスをお客様に提供する必要があります。近年、私たちマクドナルドへのお客様の期待はますます高まっています。それはメニュ—やサービスだけではなく、食材がどこから調達されているのか、その調達の際にはどのような品質管理を経ているのか、その安全でおいしい食材をお客様にお召し上がりいただくために、社員やクルーに対してどのような教育を行っているのか、また、マクドナルドはどのように地域社会に貢献しているのかなど、多岐にわたります。そしてお客様の期待は、それらが継続的に実行されるために私たちが何を行っているかという点にも及んでいます。これらのすべての要素がお客様のマクドナルドに対する認識や来店いただけるきっかけになり、マクドナルドの事業活動と社会的責任を果たす活動は、相互依存の関係にあります。
しかし、それだけではありません。私たちは責任感を持ち、良き企業市民であることが重要であると考えています。それこそが、私たちの存在価値そのものであり、私たちであり続けるために必要なことなのです。

フード(商品・品質管理)&ソーシング(原材料調達):
食品サービスを行っている企業にとって、食の安全および安心は最も重要な責任です。私たちは商品が農場からお客様の手に渡るまでの全工程における品質を確実にするために、卓越したサプライチェーン管理システムの開発をサプライヤーと連携して行っています。

ピープル(従業員):
マクドナルドはピープルビジネスであり、「人」は私たちのビジネスの基盤です。多様性のあるチームとして機能する組織づくり、人材育成およびワークライフバランスを促進する職場環境の提供などに常に努めています。

コミュニティ(社会貢献):
私たちに非常に多くのものを与えてくださる地域社会に還元することが、重要と考えています。この考えが社会インフラや地域住民の皆様にとって、より良いものとなるためのプログラムの設立や推進など私たちが地域社会に尽力している理由そのものです。

プラネット(環境):
環境への対応は、この地球で活動する私たちすべてが取り組むべき社会的課題です。マクドナルドでは、運営システムの利点を活かし、エネルギーの効率化、廃棄物の削減など、環境負荷の影響を最小限にするための店舗業務の構築と実施に継続的に取り組んでいます。

マクドナルドがこれらすべての分野において継続して遂行してきたことを誇りに思い、さらなる向上にむけて努力してまいります。私たちがお客様からの信頼とロイヤリティを築き、私たちの事業活動を持続し将来の成長を目指すうえで、社会的責任を果たし続ける企業であること、また社会貢献活動を行うことは、単に良いことであるからというだけでなく、私たちが必ず実行すべき責任であると考えています。

代表取締役社長兼CEO
サラ L.カサノバ