マクドナルドからのメッセージ

これからもマクドナルドは、食のリーディングカンパニーとして一人ひとりが真摯に取り組んでいきます。

マクドナルドは、来店されるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指しています。そのためには、世界でも最高のサービスをお客様に提供する必要があります。近年、私たちマクドナルドへのお客様の期待はますます高まっています。それはメニュ—やサービスだけではなく、食材がどこから調達されているのか、その調達の際にはどのような品質管理を経ているのか、その安全でおいしい食材をお客様にお召し上がりいただくために、社員やクルーに対してどのような教育を行っているのか、また、マクドナルドはどのように地域社会に貢献しているのかなど、多岐にわたります。そしてお客様の期待は、それらが継続的に実行されるために私たちが何を行っているかという点にも及んでいます。これらのすべての要素がお客様のマクドナルドに対する認識や来店いただけるきっかけになり、マクドナルドの事業活動と社会的責任を果たす活動は、相互依存の関係にあります。
しかし、それだけではありません。私たちは責任感を持ち、良き企業市民であることが重要であると考えています。それこそが、私たちの存在価値そのものであり、私たちであり続けるために必要なことなのです。

 

フード(商品・品質管理)&ソーシング(原材料調達):

食品サービスを行っている企業にとって、食の安全および安心は最も重要な責任です。私たちは商品が農場からお客様の手に渡るまでの全工程における品質を確実にするために、卓越したサプライチェーン管理システムの開発をサプライヤーと連携して行っています。

 

ピープル(従業員):

マクドナルドはピープルビジネスであり、「人」は私たちのビジネスの基盤です。多様性のあるチームとして機能する組織づくり、人材育成およびワークライフバランスを促進する職場環境の提供などに常に努めています。

 

コミュニティ(社会貢献):

私たちに非常に多くのものを与えてくださる地域社会に還元することが、重要と考えています。この考えが社会インフラや地域住民の皆様にとって、より良いものとなるためのプログラムの設立や推進など私たちが地域社会に尽力している理由そのものです。

 

プラネット(環境):

環境への対応は、この地球で活動する私たちすべてが取り組むべき社会的課題です。マクドナルドでは、運営システムの利点を活かし、エネルギーの効率化、廃棄物の削減など、環境負荷の影響を最小限にするための店舗業務の構築と実施に継続的に取り組んでいます。

 

マクドナルドがこれらすべての分野において継続して遂行してきたことを誇りに思い、さらなる向上にむけて努力してまいります。私たちがお客様からの信頼とロイヤリティを築き、私たちの事業活動を持続し将来の成長を目指すうえで、社会的責任を果たし続ける企業であること、また社会貢献活動を行うことは、単に良いことであるからというだけでなく、私たちが必ず実行すべき責任であると考えています。

 

代表取締役社長兼CEO
サラ L.カサノバ

1月18日 吉田沙保里さん 1日CEOメッセージ

1日CEOの吉田沙保里は、さらなる向上にむけて「やり尽くして」まいります。

みなさん、こんにちは。
日本マクドナルド1日CEOの吉田沙保里です。

私のご挨拶のページにお越しいただき有難うございます。

先日「やり尽くしたという思い」でレスリングの現役引退をご報告いたしましたが、実はまだ続いている「やり尽くしていない」戦いがありました。

それは“人気No.1「ダブチ」”と“売上No.1「てりやき」”のNo.1対決です。私が大将をつとめるてりやき軍を圧倒的に盛り上げて最高の勝負にするため、1日CEOに就任することを決意いたしました。この戦いも「やり尽くして」まいります。

マクドナルドは、来店されるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指しています。そして私がCEOを務め、最強の美味しさの「てりやきマックバーガー」を提供し、“人気No.1「ダブチ」”と最高の戦いができることを目指します。最強の美味しさの「てりやきマックバーガー」へ皆様からご期待頂きたいことは様々な分野まで広がります。メニュ—やサービスだけではなく、「てりやきマックバーガー」の食材がどこから調達されているのか、例えばあの「てりやきソース」がどのような品質管理を経ているのか、レタスがどうやって育てられているかなども含まれるでしょう。それだけでなく、その安全でおいしい「てりやきマックバーガー」をお客様にお召し上がりいただくために、社員やクルーに対してどのような教育を行っているのかなど、多岐にわたります。そして、「てりやきマックバーガー」が最強であり続けられるために、私たちが何を行っているかという点にも及びます。日々の練習、たゆまぬ努力の上に輝く成功があることは、アスリートも同じです。

思い起こせば、現役時代もマクドナルドを親しんでいました。CEOに就任するにあたり、昔のことを改めて思いを馳せてみますと、マクドナルドがいかに気どらない気軽さや、すぐ行ける便利さ、挨拶とスマイルの心地よさで、私たちを楽しませてくれていたかに気が付きました。単にハンバーガーを食べる場所ではなく、お店での楽しい体験も含めたすべてがマクドナルドのサービスです。ホスピタリティあふれる楽しい店舗体験を提供できるよう、取り組んで参ります。

私、吉田沙保里は、最強の美味しさの「てりやきマックバーガー」を提供すること、そのためにマクドナルドがこれまで継続して遂行してきた地道な取り組みを誇りに思い、さらなる向上にむけて「やり尽くして」まいります。

そして本日、お客様を幸せにし、クルーを幸せにし、私もCEOとしての幸せを掴んでみせます!

2019年1月18日
日本マクドナルド 1日CEO 兼 てりやき軍大将
吉田沙保里