アレルギー・栄養・原産国情報

商品のアレルギー・栄養・原産国情報をお知らせしています。

アレルギー・栄養情報は一覧と各商品ページで、原産国情報は各商品ページでご覧いただけます。

下記の注意事項をご確認の上、ご利用ください。
※商品のパッケージについているQRコードをご利用いただくと簡単に商品ページがご覧いただけます。

アレルギー物質の表示方法について

マクドナルドのアレルギー情報は、すべての原材料を精査した結果によるもので、アレルギー物質の量の多少に関わらず、すべて表示しています。原材料の仕様変更や製造・調理工程における交差混入など、常に最新の情報をご提供しておりますので、アレルギー情報は、ご利用の都度、ご確認くださいますようお願いいたします。アレルギー物質に対する感受性は個々人によって大きな差があり、その時々の体調などによっても異なります。お買い上げ、お召し上がりについては、アレルギー情報をご確認の上、お客様ご自身でご判断くださいますようお願いいたします。(アレルギー情報を参考に専門医に相談されることをおすすめいたします)
表示している「アレルギー物質」の項目は、食品表示法にて表示が義務付けられている7品目と、表示が推奨されている20品目について表示しています。(2016年9月現在)

マークの見方
原材料(揚げ油を除く)として使用しています
調理用揚げ油の原材料として使用しています

調理で揚げ油を共有しています

店舗での調理過程で接触があります

工場で製造ラインを共有しています

原材料として使用していません
×
法令で規定する特定原材料7品目
小麦 えび かに そば 落花生(ピーナッツ)
表示を推奨する特定原材料20品目
あわび いか いくら オレンジ カシューナッツ キウイフルーツ
牛肉
くるみ ごま さけ さば 大豆 鶏肉 バナナ
豚肉 まつたけ もも やまいも りんご ゼラチン
監修:管理栄養士 牧野直子

※常に最新情報を掲載するようにしております。各データは随時更新されますので、最終更新日をご確認ください。
※こちらの情報に関しては、「お問い合わせ」ページよりお問い合わせください。

栄養成分の表示方法について

マクドナルドの栄養情報は、標準的な製品仕様と調理から「栄養表示基準」(健康増進法)に基づく栄養分析の数値を基本とし、一部の食材は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」(文部科学省)を引用し作成しています。微量の場合は「0」と表示し、未分析の場合は「-」と表示しています。

監修:管理栄養士 牧野直子

※常に最新情報を掲載するようにしております。各データは随時更新されますので、最終更新日をご確認ください。
※こちらの情報に関しては、「お問い合わせ」ページよりお問い合わせください。

主要原料の原産国や最終加工国の情報を公開しています。

※一部限定商品、ドリンク類を除く