私たちの責任
すべて表示

キャリア教育支援

「ピープルビジネス」を掲げるマクドナルドには、人を育てるノウハウが整っています。幼児から小学校、中学校、高等学校と子供の成長段階に応じて、食育や店舗実習といった業態を活かしたさまざまな教育支援プログラムを用意しています。
また、大学生・社会人に向けては食の安全の持続確保を目指すため、次世代の職の安全専門人材を鹿児島大学と共に育成しております。

教育支援プログラム紹介

幼児・小学生向け

中学生向け

中学生は、将来の生き方や働き方、夢や理想を考えながら、初めて現実に進路の選択を迫られる時期です。社会における自らの生き方や働き方を考えるうえで「働くこと」の体験が極めて重要になります。マクドナルドでは職場体験学習を通じて、中学生に働くことの喜びや厳しさを伝え、働くことについて真剣に考えるきっかけを提供しています。

職場体験学習

職場体験学習のできる
店舗一覧(中学)

高校生向け

学校の“外”だから学べることがあります。仕事を通じて社会と関わり、多様な人々と協働することで、働くことの理解や対話する力が育まれます。インターンシップは、働くことの意義や自分の可能性を見つける絶好の機会です。単なる体験に留まらないインターンシップを提供し、地域の高校生の“社会を生きる力”の育成を支援しています。

大学生・社会人向け

世界的に食品安全の規制強化と民間規格による食品安全管理の標準化が進んでおり、食品安全管理に必要な知識が格段に増えています。食の安全の持続的な確保を目指すため、次世代の食の安全専門人材を鹿児島大学とともに育成しております。このプログラムは農林水産省、鹿児島県、食品安全マネジメント協会の支援のもと、産学官で連携し進めております。