ポイント還元制度に関わる
マクドナルドの対応について

ポイント還元制度(正式名称「キャッシュレス・消費者還元事業」)とは?

消費増税後の需要平準化と、キャッシュレス決済の促進を目的とした経済産業省の取り組みです。中小・小規模事業者が経営する店舗においてキャッシュレスでお支払いをされたお客様を対象に、公的な補助の下、決済額の2%ないしは5%のポイントが以下のように付与されます。マクドナルドを含む大手チェーンにおけるフランチャイズ店舗でのポイント還元率は2%です。また、マクドナルドの場合、2%のポイントの付与は後日、カードの発行会社等を通じて行われます。この取り組みは、現時点では2019年10月1日から2020年6月30日までの期間において実施される予定です。

マクドナルドはポイント還元制度に参加する?

この制度は参加を表明した店舗が対象となる取り組みであり、国内のマクドナルド約2,900店舗のうち、約2,000店舗のフランチャイズ店舗が参加を予定しています。なお、直営店舗に関しましては制度の対象外のため、実施はいたしません。

ポイント還元対象店舗はどこから確認できる?

参加対象店舗は地図形式または一覧形式でご確認いただけます。
・地図形式はこちら
・一覧形式はこちら

対象店舗には、本制度への参加加盟店であることがわかるステッカー等を店舗に掲示しております。

ポイント還元の対象となるキャッシュレス手段は?

2019年8月31日時点では以下のキャッシュレス手段がポイント還元対象です。

注1:
お買い上げいただく方法によってご使用いただけるキャッシュレス手段に違いがある場合がございます。
なお、LINE Payはマクドナルド モバイルオーダーのiOSのみで利用可能です(2019年10月1日現在)。
注2:
楽天社が運営する楽天Edyはポイント還元対象ですが、同社のRポイントによる支払いはポイント還元対象外です。
同様に、NTTドコモが運営するiDはポイント還元対象ですが、同社のdポイントによる支払いは対象外です。
注3:
上記は2019年8月31日時点の情報であり、変更となる可能性があります。
注4:
対象と記載されているものでも、カードの種類や条件により、例外的にポイント付与の対象とならない場合があります。
詳しくはキャッシュレス・消費者還元事業ホームページをご覧いただくか、カード発行会社等にお問合せください。

よくあるご質問
ポイント還元制度についてはこちら
消費増税対応についてはこちら
価格表示についてはこちら

また、制度の詳細は、キャッシュレス・消費者還元事業ホームページをご確認下さい。