消費増税に関わる
マクドナルドの対応について

2019年10月1日から実施される消費増税・軽減税率の導入に伴い、マクドナルドでは"全てのお客様にとって分かりやすく利便性を重視した価格設定・価格表示"、またこれまでと同様にバリューをお届けし続けるべく、慎重な検討を重ねてまいりました。同日に始まるポイント還元制度(正式名称「キャッシュレス・消費者還元事業」)も含め、以下の通りの対応をさせていただきますのでお知らせいたします。

マクドナルドは消費増税・軽減税率制度に対してどのように対応する?

マクドナルドはお子様からご年配の方まで幅広い層のお客様にご利用いただいている中で、すべてのお客様に分かりやすい価格表示を検討してまいりました。その結果、以下のような対応をさせていただきます。

1 店内ご飲食・お持ち帰りで同じ税込価格でのご提供
マクドナルドでは、お客様にとっての分かりやすさや利便性を重視し、ひとつひとつの商品、セットメニューの税抜価格を見直して、「店内ご飲食」と「お持ち帰り・ドライブスルー」の税込価格を同じ価格とさせていただきます。また、税込価格は「10円単位」を継続いたします。
2 税込価格での表示の継続
お支払いいただく金額がすぐにお分かりいただけるよう、これからも全てのメニュー表において税込価格を表示いたします。

レシートはどのように表示される?

軽減税率の導入に伴いレシートの表示が一部変更となります。

消費税はどのように変わる?

2019年10月1日から消費税※の税率が8%から10%に引き上げられ、同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。軽減税率制度とは特定の品目について、標準的な税率から軽減した税率を適用することをいい、具体的には以下の対象品目については2019年10月1日以降も8%の消費税率が適用されます。

  • ・酒類・外食を除く飲食料品
  • ・週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

外食産業においては、店内でご飲食される場合は10%の消費税率が適用されますが、お持ち帰り等店外でご飲食される場合は8%の消費税が適用されます。マクドナルドの場合においては、以下のように消費税が適用されます。

標準税率対象(消費税10%) 軽減税率対象(消費税8%)
・店内ご飲食 ・お持ち帰り
・ドライブスルー
・宅配サービス
注1:
ハッピーセットは飲食料品として、税率は上表の通り「店内ご飲食」か「お持ち帰り」等かによって異なります。
注2:
マックカードは金券となりますため非課税です。

今回の消費増税・軽減税率制度の導入に伴い、価格はどうなる?

消費増税・軽減税率の実施後も、店内ご飲食・お持ち帰り(ドライブスルー含む)で同一価格とし、また引き続き10円単位の価格とさせていただきます。これにともない、セットメニューを含む全品目の価格の見直しを行います。「ハンバーガー」「チーズバーガー」など全体の約3割の品目では税込価格を10円引き上げさせていただき 、定番メニュー「ビッグマック」「チキンマックナゲット 5ピース」「プレミアムローストコーヒーSサイズ」「おてごろマック」、お得なセットメニュー「¥500バリューセット」「バリューランチ」各種「夜マック」など全体の約7割の品目では、店内ご飲食における税抜価格を見直すことで2019年10月以降も増税前の税込価格から変わりません。

税込価格を引き上げる例 (=税抜価格を引き上げ)

  • ハンバーガー
    単品100円
    →110円

  • チーズバーガー
    単品130円
    →140円

  • てりやきマックバーガー
    単品330円
    →340円

  • ポテトM
    単品270円
    →280円
税込価格を据え置く商品例 (=店内ご飲食の場合の税抜価格を引き下げ)

  • プレミアムローストコーヒー・各種ドリンクSサイズ
    100円
    →変更なし

  • バリューセット
    単品プラス300円
    →変更なし

  • ビッグマック
    単品390円
    →変更なし

  • ¥500バリューセット
    ¥500バリューセット
    →変更なし

  • マックフライポテトS
    150円
    →変更なし

  • バリューランチ
    バリューランチ
    (¥550セット・¥600セット)
    →変更なし

  • チキンマックナゲット5ピース
    200円
    →変更なし

  • 夜マック
    プラス100円でパティが倍
    →変更なし
  • ※表記は税込み価格です。
  • ※なお、例外として、全国の約40店舗(空港、駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗)、McCafé by Barista(約100店舗において展開されるカフェコーナー)、宅配サービスは別途価格調整を行っています。また、月見シリーズなど、9月から期間限定販売中の商品の税込価格も統一価格で10月1日以降も変更ありません。
  • ※各商品の店頭価格の詳細は、2019年10月1日以降に、マクドナルド公式サイトや店頭にてご確認ください。
  • ※お問い合わせは、お客様サービス室(0120-010-916) まで (受付時間9:00~17:00)

よくあるご質問
ポイント還元制度についてはこちら
消費増税対応についてはこちら
価格表示についてはこちら

ポイント還元制度(正式名称「キャッシュレス・消費者還元事業」)とは?

消費増税後の需要平準化と、キャッシュレス決済の促進を目的とした経済産業省の取り組みです。中小・小規模事業者が経営する店舗においてキャッシュレスでお支払いをされたお客様を対象に、公的な補助の下、決済額の2%ないしは5%のポイントが以下のように付与されます。マクドナルドを含む大手チェーンにおけるフランチャイズ店舗でのポイント還元率は2%です。また、マクドナルドの場合、2%のポイントの付与は後日、カードの発行会社等を通じて行われます。この取り組みは、現時点では2019年10月1日から2020年6月30日までの期間において実施される予定です。

マクドナルドはポイント還元制度に参加する?

この制度は参加を表明した店舗が対象となる取り組みであり、国内のマクドナルド約2,900店舗のうち、約2,000店舗のフランチャイズ店舗が参加を予定しています。なお、直営店舗に関しましては制度の対象外のため、実施はいたしません。

ポイント還元対象店舗はどこから確認できる?

参加対象店舗は地図形式または一覧形式でご確認いただけます。
・地図形式はこちら
・一覧形式はこちら

対象店舗には、本制度への参加加盟店であることがわかるステッカー等を店舗に掲示しております。

ポイント還元の対象となるキャッシュレス手段は?

2019年8月31日時点では以下のキャッシュレス手段がポイント還元対象です。

注1:
お買い上げいただく方法によってご使用いただけるキャッシュレス手段に違いがある場合がございます。
注2:
楽天社が運営する楽天Edyはポイント還元対象ですが、同社のRポイントによる支払いはポイント還元対象外です。
同様に、NTTドコモが運営するiDはポイント還元対象ですが、同社のdポイントによる支払いは対象外です。
注3:
上記は2019年8月31日時点の情報であり、変更となる可能性があります。
注4:
対象と記載されているものでも、カードの種類や条件により、例外的にポイント付与の対象とならない場合があります。
詳しくはキャッシュレス・消費者還元事業ホームページをご覧いただくか、カード発行会社等にお問合せください。

よくあるご質問
ポイント還元制度についてはこちら
消費増税対応についてはこちら
価格表示についてはこちら

また、制度の詳細は、キャッシュレス・消費者還元事業ホームページをご確認下さい。