安全衛生基本理念と行動指針について

マクドナルドの「安全衛生基本理念」と「行動指針」について、お知らせします。

この度、日本マクドナルドにおいて*『中央安全衛生委員会』が組織され、マクドナルドにおける安全安心な職場環境と従業員の健康の維持向上を実現することを目的に「安全衛生基本理念」と「行動指針」を新たに定めました。マクドナルドは「ピープルビジネス」であり、そこで働く従業員に安全で健康的な職場環境を提供することが何よりも大切な約束です。中央安全衛生委員会では従業員がより高いパフォーマンスを発揮することが出来るよう、この「安全衛生基本理念」と「行動指針」に基づき、労災防止活動や健康増進活動などの安全衛生施策に継続的に取り組んでまいります。

 

「安全衛生基本理念」

マクドナルドビジネスの基盤は人「ピープル」であり、マクドナルドの従業員の安全と健康を担保することは何よりも重要なコミットメントです。そのために、安全安心な労働環境を提供し、従業員が高いパフォーマンスを発揮できるよう、心身ともに健康な状態を保持増進する活動に継続して取り組みます。

 

「行動指針」

・労働災害防止の取り組み

安全安心な労働環境を提供するためにPDCAサイクルを基に労災事故防止活動に取り組み、再発防止策を講じます。

 

・健康的なこころと体への取り組み  

従業員の健康状態を適切に把握し改善を促す活動を継続的に取り組むとともに、会社として包括的な保持増進活動を推進します。

 

・従業員教育への取り組み 

安全衛生に関する知識や法令の教育および活動内容を共有し、従業員の安全安心な労働環境と健康保持増進への意識を醸成します。

 

*『中央安全衛生委員会』とは

全社で必要とされる安全衛生に関する対応を策定し、店舗安全衛生委員会および地区本部衛生委員会との連携を通じ、その推進をリードする組織です。

 

日本マクドナルド株式会社

代表取締役社長兼CEO
サラ L.カサノバ