衛生管理の取り組み

私たちは、お客様に安心してマクドナルドをご利用いただけるよう、日頃から健康や身だしなみ、そして手洗いや客席の清潔さに気を配り、衛生管理を徹底しています。

毎日実行している衛生管理

hygiene-management-img01

クルーの体温測定

全てのクルーは勤務前に体温を測定しています。発熱がある場合は、出勤を見合わせます。
hygiene-management-img02

手洗いの徹底

クルーは指からひじまで、丁寧な手洗いを徹底しています。
hygiene-management-img03

調理器具を常に清潔に

調理器具は定期的に洗浄・消毒し、常に清潔な状態で使用しています。
hygiene-management-img04

アルコール消毒の徹底

接触の多いドアの取っ手やお食事スペースなどのアルコール消毒を徹底しています。

店舗の安全・安心を支える取り組み

hygiene-management-img05

ウォーターフィルター

安心してドリンク類をお飲みいただけるように、専用の浄水器を全店設置しています。塩素はもちろん、0.5ミクロン単位の微生物も通さない高性能なフィルターを使用しています。
※1ミクロンは1ミリメートルの1000分の1の長さ
hygiene-management-img06

温度計

マクドナルドでは、毎日欠かさすビーフパティの内部温度を測り、記録しています。たった1℃の違いが安全性を損なう恐れがあるため、一日のはじめに行う重要な業務です。
hygiene-management-img07

水質検査

使用する水の安全を確認することはとても重要です。水の色や臭いに加え、きちんと殺菌された水が蛇口まで届いているかどうか残留塩素の有無を毎日確認します。
hygiene-management-img08

シェイクマシン用ブラシ

様々なパーツが複雑に組み合わさっているシェイクマシーン。各パーツの形状に合わせて開発された専用のブラシを使い、隅々まで毎日欠かさずに清掃します。
hygiene-management-img09

フライオイル試験紙

フライオイルは、試験紙を使って酸価を判定し、酸価が一定以上になると油を交換します。1日1回、毎日欠かさずチェックを行い、油の鮮度を保っています。
hygiene-management-img10

トング

素材の形を壊さないことは、素材のおいしさを壊さないこと。物を掴むためだけではなく形を守るという発想でトングを選んでいます。
たとえばトマト用トング(写真一番手前)は、スライスした形を崩さず、大きさまで確かめられるマクドナルドオリジナルです。
hygiene-management-img11

フードセーフティチェックリスト

店舗の安全・安心を守るために日々使用しているチェックリスト。「身体の不調や手指に切り傷のあるクルーは、食品にふれる作業はできない」といったクルーの健康項目から、食品の安全に関わる項目まで含むこのリストで、毎日チェックを行っています。
hygiene-management-img12

卵用 調理器具

黒色ツイーザー(写真左)が生卵用、黒いヘラ(写真右)が加熱後用。加熱前と加熱後で器具を使い分けることにより、器具を介して調理後の卵に細菌がつくリスクを防ぎます。
hygiene-management-img13

クルーユニフォーム

クルーのユニフォームは半袖。手洗い時には、爪の先からひじまでしっかり洗います。
hygiene-management-img14

専用洗剤

シンク、グリル、フライヤー、床、ガラス、そして客席など、場所、汚れの質や度合いに応じて開発された、17種類の専用洗剤で常に隅々まで清潔であることを徹底しています。手が空いた時間は常に清掃をしています。
hygiene-management-img15

専用ハンドソープ

衛生管理にとって、もっとも重要なのが手洗い。専用に開発したハンドソープを使用しています。洗浄力はもちろん、高い消毒効果と、さらに手あれを防ぐ成分も配合しています。1日に何度も適量を取り、もみ洗いしています。
hygiene-management-img16

大腸菌群検査ツール

シェイクやソフトクリームをつくるマシーンのメンテナンスに欠かせない大腸菌群検査ツール。目には見えない細菌まで、チェックしています。
hygiene-management-img17

二層式サニタリーバケツ・クロス

テーブルやトレイなど食べ物にふれる場所を拭くピンククロス、それ以外の椅子やドアノブなどを拭くグリーンクロス。2層式に設計したバケツで使用前と使用後を別々に管理します。消毒液は、最低2時間に1回交換しています。
hygiene-management-img18

モップ

衛生面と効率面を考え、キッチン用、客席用、洗面所用と、汚れの質が違う各エリアごとに、それぞれ色分けしたモップを使用して清掃を行っています。内側にスポンジが内蔵されており、こする、ふき取るの二役こなします。
hygiene-management-img19

ドライフロア

細菌の増殖を抑えるため、床は常にドライな状態を維持。キッチンにある機器はキャスター付きで隅々まで清掃しやすく工夫しています。
hygiene-management-img20

E-learning(トレーニング)

マクドナルドの食の安全・安心について、短時間で効率的に学習できるデジタルコンテンツ。店舗運営をリードする店舗責任者にマクドナルドの考え方を理解してもらいます。
hygiene-management-img21

Our Pride (トレーニング)

働く一人ひとりが「理念に反することを決して許さない」という“こころ”で判断・行動することで食の安全・安心を確保することができるという精神です。
hygiene-management-img22

第三者監査

マクドナルドが独自に定める食品安全のルールに則り、店舗の衛生管理を第三者検査機関の専門家が定期的に検査します。
apps banner bar

マクドナルド公式アプリ

モバイルオーダーでスマートに受け取り

sns background image

マクドナルド公式SNS

フォローして最新情報をゲットしよう

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。