地域貢献

community_relations

安全な街づくり

地域貢献 安全笛 日本反射材普及協会

安全笛

全国の新小学1年生に、毎年「安全笛」を贈呈しています。地域の教育委員会や警察本部等を通じて配布いただき、贈呈式、防犯や交通安全教室の開催も行っています。小学校に入学し、新しい世界へと行動範囲を広げていく子供たちの安全をサポートする「安全笛」の配布は、2003年に沖縄県の店舗から始まり、現在では全国に広がっています。

「安全笛」は、吹くと「ピーッ」と大きな音で周りに危険を知らせることができる、子供たちの安全に役立つ手軽な防犯グッズです。
さらに、夕暮れ時や夜間に自分の存在を自動車の運転手に早く知らせることができる反射材が付いているため、歩行事故の抑止にもつながります。登下校時に身に付けてもらうことで、子供たちの交通安全にも貢献できるよう制作しています。
2020年度配布分の安全笛は、子供たちの交通安全をさらに考慮して改良した結果、反射効果のあるすぐれた製品として一般社団法人 日本反射材普及協会に認定され「JPマーク」を取得することができました。
(JPマーク認定番号 190001)

※ ご希望いただいた地域の教育委員会・警察本部等を通じて小学校から新1年生に毎春お配りいただいているため、店舗での配布は行っておりません。

地域貢献 日本反射材普及協会
地域貢献 PC

子供110番の家

2

地域の警察本部等と協力して、地域の子供たちの安全を守るため、子供が危険に遭遇した際や困ったことが起きた際などにマクドナルド店舗に駆け込んで助けを求めることができる「子供110番の家」の活動を推進しています。

【子供110番の家 マクドナルド共通ステッカー】
2019年12月末時点、約1,600店舗で掲出しています。

クリーンパトロール

ss

クリーンパトロールを全国各地の店舗で継続して実施し、地域美化に取り組んでいます。また、海に流出し続ける海洋ゴミ対策を目的とした「海ごみゼロウィーク」への参加など、行政や市民団体主催の清掃活動にも積極的に参加し、地域の皆さまと共に、美しい街づくりに努めています。

子育て支援

community_relations_fig04_pc

国と地方自治体が推進する「子育て支援パスポート事業」に協力しています。各都道府県が発行している「子育て支援パスポート」を全国のマクドナルドでご提示いただくと「チーズバーガーのハッピーセット」を特別価格でご提供いたします。

災害支援募金活動

大規模な災害がおきた際には、義援金店頭募金や寄付を実施し、被災された方々の救援や支援に努めています。お寄せいただいた募金は、日本赤十字社等へ寄付しています。

令和元年台風第19号災害義援金(2019年)

募金総額3,820,123円/ 日本マクドナルド社2,000,000円

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金(2018年)

募金総額4,875,533円/日本マクドナルド社2,000,000円

平成30年7月豪雨災害義援金(2018年)

募金総額5,931,258円/ 日本マクドナルド社3,000,000円/
カーギル・ミート・タイランド社

約3万4,000USドル日本マクドナルドのチキン製品サプライヤー企業

平成28年熊本地震災害義援金(2016年)

募金総額17,018,207円/ 日本マクドナルド社1,000,000円

地域貢献活動レポート

“あなたの街と共にあるマクドナルド”として、地域に貢献するマクドナルドの活動をご紹介します。

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。