安全笛

安全笛

全国の新小学1年生に、毎年「安全笛」を贈呈しています。地域の教育委員会や警察本部等を通じて配布いただき、贈呈式、防犯や交通安全教室の開催も行っています。小学校に入学し、新しい世界へと行動範囲を広げていく子供たちの安全をサポートする「安全笛」の配布は、2003年に沖縄県の店舗から始まり、現在では全国に広がっています。

「安全笛」は、吹くと「ピーッ」と大きな音で周りに危険を知らせることができる、子供たちの安全に役立つ手軽な防犯グッズです。

さらに、夕暮れ時や夜間に自分の存在を自動車の運転手に早く知らせることができる反射材が付いているため、歩行事故の抑止にもつながります。登下校時に身に付けてもらうことで、子供たちの交通安全にも貢献できるよう制作しています。

2020年度配布分の安全笛は、子供たちの交通安全をさらに考慮して改良した結果、反射効果のあるすぐれた製品として一般社団法人 日本反射材普及協会に認定され「JPマーク」を取得することができました。
(JPマーク認定番号 190001)

※ ご希望いただいた地域の教育委員会・警察本部等を通じて小学校から新1年生に毎春お配りいただいているため、店舗での配布は行っておりません。

地域貢献 日本反射材普及協会

安全笛贈呈数

1,218万個

※2003年から2021年までの累計

関連するSDGs

マクドナルドは国連のSDGsに取り組んでいます。

4.質の高い教育をみんなに
17.パートナーシップで目標を達成しよう

安全安心で活気ある街に

apps banner bar

マクドナルド公式アプリ

モバイルオーダーでスマートに受け取り

sns background image

マクドナルド公式SNS

フォローして最新情報をゲットしよう

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。