持続可能な食材の調達 コーヒー

coffee

Coffeeコーヒー

コーヒー栽培は気候変動による影響を受けやすく、気候変動により栽培に適した地域が今後移動していく懸念があります。日本マクドナルドは、2019年10月現在、お客様に提供しているコーヒーにおいては、森林や生態系を守り、労働者に適切な労働条件を提供するレインフォレスト・アライアンス認証を取得した農園が栽培するコーヒー豆を100%使用しています。

レインフォレスト・アライアンス最高市場責任者Alex Morgan氏

レインフォレスト・アライアンス認証農園からのコーヒー豆調達は、環境の保護に役立つだけでなく、農家の生活を豊かにし、地域社会の幸せに貢献します。マクドナルドがコーヒーサプライチェーン全体で認証取得に向かって取り組んだということは、業界全体の農家にプラスの影響を与えることでしょう。

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。